体脂肪

隠れ肥満を解消する体ダイエット方法について!

投稿日:

女性に意外と多いと思うのですが、見た目は非常に細いのに、体脂肪率を測ってみると意外に高い…という悩みを持つ方もいらっしゃると思います。

いわゆる『隠れ肥満』と呼ばれるものだと思いますが、普通は肥満体型の方が体脂肪率が多いと思われますが、痩せている方も体脂肪率が高かったりするものですよね。

体脂肪率が高いと内臓にも脂肪がたまってる可能性があるので、将来的には生活習慣病にかかる可能性もあります。

今回はすでに痩せてはいるのですけれども、体脂肪だけを落とすダイエット方法について公開したいと思います。

スポンサーリンク

何故…体脂肪率が痩せているのに高いのか?

痩せているのに体脂肪率が高いという理由は、簡単に言うと身体の筋力量が少ないからです。

体重は軽いのですが、筋力量が少ないので、その分脂肪の割合も多いのです。

脂肪が非常に多いということではなく、割合の問題になるのです。量じゃないんですよね。

筋肉と脂肪の割合が脂肪に偏っているため、体脂肪率が高くなるのです。

何故、筋力量がそれほどに少ないのでしょうか?痩せているのに筋肉量が少ないという原因には、普段食べている食事内容に問題があるのかもしれません。

食事内容に問題があるのかも…

全体的に摂取する食事量が少ないとしても、タンパク質の摂取割合が低いと体の筋肉量が落ちてしまいます。

女性の場合、痩せていればそれでいいと考えてしまうので、バランスの良い食事お心がける方が少ないのかもしれません。

特にたんぱく質の多い食品はカロリーも高く、味つけが濃いものが多いので敬遠されがちな傾向があります。

ですので、体型を維持するためにタンパク質が多い食事を避け、糖質などの食事を量は少ないですが、割合的に多く摂取している可能性があります。

体脂肪率を下げるためには、まず食事内容として、たんぱく質が多いものをきちんと摂取しなければなりません。

筋力トレーニングを取り入れる。

食事内容はタンパク質を多く含むものを摂取することを心がけましょう。そして次に大切なことは運動です。

運動といってもダイエットに有効と言われる有酸素運動を多く取り入れるという事ではなく、無酸素運動である筋力トレーニングを取り入れましょう。

有酸素運動は体脂肪率と糖質をエネルギー元としてダイエットには非常に有効に思われますが、筋肉量を落としてしまう運動方法なので、痩せているのに体脂肪率が高いという方にはあまりお勧めできない運動です。

筋力トレーニングを取り入れることで体の筋肉量を増やせば、脂肪と筋肉の割合が筋肉に傾きますので、体脂肪がどんどん落ちていきます。

また、もともと痩せてはいるので、体脂肪をそれほど落とさなくても筋肉量が増えれば体脂肪率は下がっていきます。

痩せているのに体脂肪率だけを落とすダイエット方法としては、食事内容を見直すことと筋力トレーニングを取り入れることで解決ができるはずです。

-体脂肪

執筆者: