サッカー

バーゼル移籍の柿谷曜一朗は多分、通用しないでしょう…

投稿日:2014年7月17日 更新日:

4b78350d

柿谷曜一朗は、移籍したバーゼルでレギュラーの座を掴むのは難しいと思います。

かなりネガティブなタイトルを付けてしまいましたが、スイスの名門チームに移籍が決まった柿谷曜一朗選手は、多分、バーゼルでは通用しないでしょう。

上手くいっても、レギュラーで出場出来るかどうかのラインだと思います。ファンの方からは怒られそうですが、率直に感想を述べてしまいました。

さて、何故、柿谷選手がバーゼルでは通用しないのか?その理由を公開してみたいと思います。

スポンサードリンク


バーゼルのレギュラー選手の一人をベンチに追いやる武器が柿谷選手にあるの?

8b322a1c980090d2d005f002b29bbf83_s

Jリーグでもそうなんですが、外国人選手は即戦力でエース級の働きが求められます。だから、Jリーグでは外国人選手の出場枠が制限されていますよね。

これはスイスのサッカ-リーグ、スーパリーグでも当てはまります。スイスでは柿谷選手はJリーグと同じく、外国人選手として加わる訳です。

しかも、バーゼルは欧州チャンピオンズリーグ出場常連チームの名門です。こういうチームに外国人枠で加入するという事は、柿谷選手に対する期待値が非常に高い事を示しています。

ただ、柿谷選手には正直、外国人選手としてバーゼルに貢献する決定的な武器がないように思えます。

実は世界トップクラスの選手でも、サッカーの技術に関して苦手な分野は存在します。例えば、バルセロナのイニエスタ選手は、現時点でサッカー界ではベスト5には入る選手だと思います。

パスもドリブルも超一流!でもね、決定的にシュートが下手なんですよ…同チームのメッシ選手のドリブルにも引けを取らない技術を持っているんですが、ボールをゴールの枠に入れる技術が壊滅的にダメです…

ただ、ポジションはFWではなく、MFなので、ドリブルやパスが圧倒的に秀でていれば通用しちゃうんですよ。まあ、イニエスタ選手はパスやドリブルだけの選手ではないですが…。

このように短所があっても、それを上回る武器があれば、どんなクラブチームでも歓迎される可能性が高いです。

では、柿谷選手は何かバーゼルに大いに貢献出来る、決定的な武器を持っているのでしょうか?そして、その武器でバーゼルのレギュラー選手の一人をベンチに追いやる事が出来るのでしょうか?

それが、わたしが柿谷選手に抱く懸念点です。

そもそも柿谷選手の適正ポジションはフォワードなんでしょうか?

33d4210a23bef9072266265e9845144f_s

柿谷選手のプレイを見ていると、どうも点取り屋っていう感じはしないんですよね。

確かにテクニックは素晴らしいと思います。特にトラップに関しては目を見張るところがあると思います。ドリブルもパスもJリーグではトップクラスでしょう。

じゃあ、その一級の技術をフォワードというポジションで試合にどう活かしているのか?活かしきれているのか?と考えるとちょっと首を傾けてしまいます。

そもそも、サッカーというスポーツは「ボールを相手チームよりも多くゴールに入れた方が勝ち!」というものです。

だから、サッカーの考え方の原点は「如何にボールを相手ゴールに叩き込むか?」そこから考えるべきなんです。これは監督やコーチだけでなく、選手の一人一人が強く意識すべきだと思います。

もの凄く当たり前の事を言いましたが、ごく僅かに、上述した意識が薄い日本人選手がいると思うんです。

ミスをしたらダメ!」「パスを上手くつなげるか?」「絶妙なパスを味方に送れるか?」こんな事を無意識的に優先していそうな選手が存在する気がするので、書いてみました。

極論ですが、サッカー選手はどんなポジションでも、ボールを持って初めに意識すべき事は「ゴールを狙う」事なんじゃないですかね?

話が少し外れましたが、柿谷選手は貪欲にボールをゴールに入れるという意識が欠けているように思えます。

柿谷選手が持つ、一級の技術は「ゴールを奪う」事が基準となっていなければダメなんですよ。現時点での彼の試合での動きは、「ゴールを奪う事」が絶対的基準になっていないと思います。

ここからは推測なんですが、彼はトラップが上手いから、ポジションをフォーワードに配置されているのではないですか?

柿谷選手がよく見せる、DFラインの裏を抜けるプレイはトラップが上手くないと通用しません。後ろから速いボールが来ますからね。しかも、正確なパスとは限りませんし。

セレッソ大阪時代は柿谷選手は裏抜けからの見事なトラップで得点を獲得しているシーンが多かったです。その流れが上手くいっていたから、フォワードというポジションに彼が配置されたような気がします。

ただ、わたしの感想では、フォワードとしての柿谷選手は全然、迫力がない選手です。全く怖さを感じないですね。

柿谷選手が今以上にゴールを奪う事だけに執念を見せれば、バーゼルで通用するかも。

4ac17efd0f32474f9a2b15a39a045e24_s

トップクラスのサッカー選手は「如何に自分の長所を活かすか?」それだけを強く意識して練習、試合に励んでいます。

「自分がドリブルが誰よりも上手い事は分かっている。だけどそれが何?それをこのチームでどう活かすの?」こういう事です。

また、イニエスタ選手を例に出しますが、彼は18歳の時にバルセロナの試合に出場し、この時よりも前から、自分の長所をどうバルセロナというチームで活かすか?

そればかり考えていたようです。ちなみにラ・マシア(ユースだと思って下さい)から、イニエスタ選手をトップチームに引き上げたのが、この間、オランダ代表を率いていたファンファール監督です。

ファンファール監督は、実はバルセロナを率いていた経歴もあったんですよ。ちょっとした豆知識です。

話を戻しまして、優秀なサッカー選手は自分の長所をどう活かすか?そればっかりを意識しているという事を説明したかった次第です。

短所を補うよりも、長所を伸ばすという考え方より、どうチームに活かすか?ひつこいですが、そういう事です。

もう、結論にしてしまいます。

わたしは柿谷選手が自分の長所をどう活かそうとしているのか?それが、まるで見えません。

ですので、柿谷曜一朗はバーゼルに移籍しても通用しないと思っています。

ただ、テクニックがある、パスが上手い、シュートが得意とか、そんな選手が通用するのは、バロテッリ選手みたいな身体能力が規格外で、大人と子供くらいに他の選手と技術差がなければダメです。

サッカー選手として何がしたいのか?何の為に自分の長所をチームに活かすのか?それを明確に長年、意識している人が優秀なサッカー選手です。

もう、遅いのかもしれませんが、柿谷選手は「自分の技術はゴールを奪う」ただそれだけの為に活かしている。こういう意識を持ち、これからの試合に臨めば、大化けする可能性は限りなく低いと思いますが、あると思います。

柿谷選手を酷評してしまいましたが、フォワードというポジションで今後もプレーするのなら、もっとゴールを奪う為に自分の技術を活かすべきです。

※ 案の定、試合に出れないで苦しんでいます。それに対する見解を下記に公開しました。

関連記事:バーゼルに移籍した柿谷曜一朗は何故?試合にも出れずにベンチ外なのか?

-サッカー

執筆者:


  1. 氷結 より:

    いまいち説得力に欠けますね。
    ずっとトップ(FW)でやってきた
    選手ですよ?
    ゴールへの意識は十分あると思います
    器用貧乏と言いたいのはわかるけど
    海外に出ていくまでの成長を遂げたの
    ですから大丈夫なはずですよ。
    出ていくまでに心体共に成長できずに
    挫折していった若手が何人いた事か・・

    • pokapoka より:

      氷結さん。コメントありがとうございます。そうなんです。
      要は柿谷選手は「器用貧乏」という事を伝えたかったのです。

      その文意をご理解頂き恐縮です。後は、柿谷選手の成功を祈りましょう。
      わたしが公開した内容の通りにならない事を祈っています。

  2. ぶらっく より:

    いちいち書かなくてもいいよね 人それぞれの考え方あるし。うける

    • pokapoka より:

      ぶらっくさん。コメントありがとうございます。そうですよね。人それぞれの考え方はあります。
      そして、人それぞれが感じる印象は、それはそれで正解だと思うんです。
      色々な感想があって、面白いですよね。

  3. JIJI より:

     確かに、セレッソ時代から好きな選手ではありますが せっかく海外に出るのでしたら
    一皮むけてくて活躍してくれたらうれしい限りです。
    代表に入りしてても 突然マスコミに注目されて、普段のクラブの柿谷選手の動きを知らない人は
    いまいちパッとしない選手と認識されがちです。(私的ですが、逆にマスコミが柿谷選手を変に取り上げなければ、あのFWの選手すごくね?ってなったと思う)特にFWは結果がはっきりしやすいですしね。
     個人的には柿谷選手以外でも日本のFWがしっかり育ってくれて次のW杯のときに活躍してくれればうれしいです。

    • pokapoka より:

      JIJIさん。コメントありがとうございます。そうですね。柿谷選手はマスコミのおかげで、ちょっと「期待値」が高い選手として
      観られてしまったのが、残念だったのかもしれません。

      もう少し、伸び伸びプレーに専念できれば、ちょっと評価は変わったかも、とわたしも思いますよ。これから、しっかり育って
      欲しいですよね。

  4. より:

    柿谷選手にW杯はまだ早かったと思います
    他のFWが世界レベルというわけではないにしても
    前線の枠を一つ彼に割いたのは明らかな失敗だと思いました
    だからこそ彼に次の大会の代表エースになってもらう為には
    レベルの高い場所で挑戦する必要があるとは思いますが

  5. 名無しのサッカーマニア より:

    柿谷の今の現状を見てれば結局ここでウダウダ言ってた人よりも
    管理人さんの方が見る目があったってことでしょ
    私も管理人さんと同意見ですね
    彼には意識を変える必要があると思いますよ
    本田圭佑がかつてオランダで挫折を味わい、そこから得点にこだわることで変貌を遂げたようにね

  6. しんいち より:

    現在の日本人の育成方針への問題提起でもあるのかな?とも思いました

    日本は上手ければ評価されますからね

    小手先のテクニックばかり重視しているような気がしてなりません

    世界で通用するサッカー選手を育てるにはどうすればいいのか、
    そろそろ真剣に取り組んでほしいものです。
    もう取り組んでいるのかもしれませんが。

  7. サッカー命。 より:

    確かに管理人さんの言うてることもわかります。
    でも曜一朗は曜一朗なりに今、自分の何がだめなのか。どうしたらスタメンで出れるのか。悩んでます。

    それに、欧州で通用するかわからないとおっしゃいましたが、バーゼルの監督も曜一朗の技術は認めています。
    ただ今結果がいまいち残せていないのは言語の問題があるからです。
    英語とドイツ語ができへんからコミュニケーションが取れず、連携がうまくいかなかったり、チームメイトや監督の言うてることがわからへんせいだと監督自身が言うてました。

    曜一朗は小さい頃から生まれ持ったサッカーの才能があったせいで、我慢をすることや試合に出れへんとゆう苦悩を知らずに成長してきました。
    セレッソでも不動のエースとして期待されてきた、曜一朗が今初めて苦悩と闘ってるんです。
    なので、その苦悩を乗り越えた時にほんまの不動のエースになると私は信じてます。

    • pokapoka より:

      Yurikaさん。コメントありがとうござます。柿谷選手の事を応援されいるお気持ちがよく分かります。

      柿谷選手が試合に出れないのは、パウロ・ソウザというバーゼルの監督の性格にもあるかもしれません。
      この監督、選手時代はポルトガルのミッドフィルダーとしてルイ・コスタという選手と共に評価されました。

      ただ、ちょっと監督としての采配は理解に苦しむところがあって、カップ戦で活躍した柿谷選手を次の試合で
      ベンチ外とか、よく分からない采配をする人なんです。ちなみにこの話は柿谷選手以外も例外ではありません。

      厄介な監督が柿谷選手のチームにいたという事も運がちょっとなかったですね。でも、それを乗り越えて柿谷曜一朗には
      頑張って貰いたいです。ロシアワールドカップでは活躍する姿を観たいですよね。

  8. 日本サッカーを変えたい より:

    すばらしい!
    僕の思ってたことが書いてありましたw

    では柿谷選手はもうダメなのでしょうか?
    僕はラインの駆け引きでなんとか活路を見出すしかないと思ってます

    • pokapoka より:

      日本サッカーを変えたいさん。コメントありがとうございます。仰る通り、柿谷選手はラインの駆け引きで活路を見出し、得点を重ねる事がチームへの最高のアピールになる筈です。外国クラブはある意味『傭兵部隊』なので、圧倒的にチームに貢献できる武器がないと、簡単にお払い箱です。

      サッカーというスポーツは現金な競技で『点を取ったものが正義!』みたいな原理が強く働いています。特に外国では顕著です。ですので、とにかく練習でもエゴ丸出しで、ひたすらラインの駆け引きしか行わず、パスも味方に出さず、得点だけ狙う。これだけ行えば、彼はスタメンが見えてくる様な気がします。

      ボールが来なければ、味方を怒鳴り、ボールを奪われても、サポートが遅いと怒鳴る!という様な嫌な奴になりきる位な精神でないとスタメンは難しいと思いますよ。

  9. 777 より:

    本人自身もそうでしょうが、柿谷が持っている決定力の高さを軽んじてはいけません。
    この辺の精度というのは技術というよりも少しのコツとあと9割がメンタルです。これは先天的なものもあるのですが、柿谷はそれを持っている点を中止するとよろしいでしょう。それを生かせる監督とシステムに巡り合うかどうかは鍵となります。特にメンタルなど様々な理由から実際のところ現在の日本代表で最も10に適しているのが実は柿谷なのですが、成長度合いも含めそれがうまく組み込められていないのは時の運でしかありません。
    因み、私の予想通り柿谷はワンシーンだけコロンビア戦で唯一その片鱗を見せたのですが、チームベースを最も決定力の足りない大久保中心に急造チームとして組み込むというわけのわからない采配をしたが為にそれは無に終わりました。スタイルと監督が川崎であるならそれでもよかったのでしょうが、この辺を大久保の良さと勘違いしている者を多々見受けます。

  10. 777 より:

    本人自身もそうでしょうが、柿谷が持っている決定力の高さを軽んじてはいけません。
    この辺の精度というのは技術というよりも少しのコツとあと9割がメンタルです。これは先天的なものもあるのですが、柿谷はそれを持っている点を注視するとよろしいでしょう。それを生かせる監督とシステムに巡り合うかどうかは鍵となります。特にメンタルなど様々な理由から実際のところ現在の日本代表で最も10に適しているのが実は柿谷なのですが、成長度合いも含めそれがうまく組み込められていないのは時の運でしかありません。
    因み、私の予想通り柿谷はワンシーンだけコロンビア戦で唯一その片鱗を見せたのですが、チームベースを最も決定力の足りない大久保中心に急造チームとして組み込むというわけのわからない采配をしたが為にそれは無に終わりました。スタイルと監督が川崎であるならそれでもよかったのでしょうが、この辺を大久保の良さと勘違いしている者を多々見受けます。

  11. 西村 より:

    全くその通りだと思います!
    非常に的を得ている内容で感心しました

    管理人さんもサッカーをされていたのでしょうか?
    私もバスケットをしてた時「ミスの無い、正しいプレー」「美しいプレー」を
    意識してました。柿谷選手を見ていると自分と被って見えるのです

    柿谷を1番に応援してます。実力があるのに生かせない、認められない彼を見ると
    悔しいです。プレー意識とメンタルの影響が大きいですね

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

眠気を催される…サッカーナビスコ杯 2014年の決勝戦を観て思った事。

Contents1 眠気を我慢しながら観た、サッカーナビスコ杯の2014年 決勝戦の感想です。1.0.1 ハーフコートの試合が特に下手なJリーガー…1.0.2 ハイプレスは効果的に仕掛けていたガンバ大 …

サッカー日本代表は4-4-2の布陣で成功するのか?

『サッカー日本代表は、どのような状況で4-4-2を採用するのか?気になりますよね』 アギーレ率いるサッカー日本代表は、現在、アジア杯に向けて練習を続けています。 今まで4-3-3の布陣にこだわってきた …

モウリーニョ監督が率いるチェルシーの強さとは?徹底したチーム戦術について!

『上位チームには最低でも引分け、下位チームには絶対勝利。これがモウリーニョ率いるチェルシーのチーム戦術です』 強いですね。モウリーニョ監督が率いる、今シーズンのチェルシー。 現在、2014-2015シ …

日本代表…コロンビアに完敗…試合を壊した今野選手の痛恨のPK…

Contents1 次回の日本代表は、吉田&今野選手のようなミスを恐れる情けない選手は外して、闘莉王、大久保、本田選手のように「気持ちが強い」戦える選手を選んで欲しいです。1.0.1 戦う意志がはっき …

マンチェスターユナイテッドのスタメンはどうするの?60億移籍のマタはベンチに?

Contents1 ベンチに追いやられるのか…マタ選手は気が気でないでしょうね。1.0.1 ディマリア、ファルカオ補強でマタがベンチに?1.0.2 重要な選手を放出し、足手まといの選手ばかりが残ったマ …