サッカー

Jリーグの守備レベルが低いと言われる理由について。

投稿日:


Jリーグが抱える問題点として、守備のレベルが低いと言われています。

正確に入れることができない縦パスやトラップの基本技術の低さもそうですが、それ以上に守備のレベルが低い事です。

今回はJリーグの守備の問題点を挙げて、同時に改善点も言及してみたいと思います。

スポンサーリンク

簡単に最終ラインに吸収される2列目の選手。

よく見受けられるJリーグの失点パターンです。

カウンターを仕掛けられた時、Jリーグの選手はボールホルダーにチェックに行くよりも最終ラインを整えることを優先します。

人数は揃っているのにも関わらず、ディレイを選択するのです。

参考記事:ディレイとは?

中盤の選手もチェックに行くよりもズルズルと下がり、最終ラインに入ってしまいます。

おかげで、バイタルエリアのスペースを空けてしまいミドルシュートを好き放題に打たれたり、前を向いた状態で自由にプレーをさせてしまうんですね。

また、上手くボールを弾き出してもセカンドボールを拾われてしまい、そこから波状攻撃を仕掛けられるパターンもよく見受けられます。

数的不利に陥っていない限り、積極的にボールホルダーにチェックに行かなければなりません。

そして、バイタルエリア周辺のスペースを十分のケアしなければいけないんです。

この役割は2列目の選手が担うものですが、Jリーグのクラブは2列目の選手も最終ラインに入る傾向が高い為、バイタルエリア周辺のスペースをケアが出来ていない事が多いです。

抜かれるリスクを減らす為にディレイを行うのも悪くはないですが、レベルが高い海外の選手と戦うには、リスクを恐れずに寄せることが大切です。

攻守の切り替えが遅いのは守備の意識に問題が…

ハリルホジッチが『Jリーグは海外クラブと比較して遅い』と言及していることについては、同感です。

では、何が遅いのか?攻撃のスピードが遅いのは分かるのですが、それ以上に攻守の切り替えが遅いのです。

常に失点リスクを恐れいるせいか、攻撃時は縦へ攻撃を急ぎません。

人数を掛けて素早く攻撃を行うことは、それだけカウンターのリスクが高くなることを意味しています。

しかも、カウンターの対してJリーグの選手は上述した通り、しっかりと最終ラインを作る為にディレイを行います。

ですので、攻撃に切り替わったときに人数を掛けて一気に攻め込まないんですね。

Jリーグの選手は『守備を味方に任せる』という意識がちょっと低いのではないのか?とも思います。

相手のフォワードとセンターバックが1対1の状況になっても構わないので、ボールホルダーに積極的にチェックに行くという強い気持ちも持った方がいいです。

そして、守備は『ある程度は味方に任せて』次に起こり得る状況を予測しなければなりません。

攻守一体で、自身のポジションを考える』という動きを試合を通して考えるのです。

ディレイを選択せずに積極的にボールを奪いに行き、その時には既に、次の攻撃方法も考えておくという姿勢が大切です。

ボールを奪ってから攻撃を考えるのではなく、守備をしているときから、どのような攻撃を仕掛けていくかを考えながら動くのです。

リスクを恐れず、守備をしながら次の攻撃を考えながら動く、この意識をしっかりとチームで共用して持っていれば、攻守の切り替えが劇的に早くなります。

人数が揃っているにも関わらず、無条件にディレイを選択する意識では攻守の切り替えは一向に早くはなりません。

Jリーガーは『縦』を切る守備が本当に下手。

これが最もJリーガーの守備のダメさ加減を物語っているのですが、彼らは本当に『』を切る守備が下手です。

サイド、中央でも相手のドリブル、パスに対してズルズルと下がり、自陣内で好き放題にプレーをさせてしまう悪癖があります。

特にサイドバックが問題なんですけれども、相手のドリブルに対して1対1の状況で距離を詰めようとしません。

やたらに後退を行い、抜かれはしませんが簡単に縦方向のドリブルを許してしまうんです。

レベルが高いチームのサイドの選手は、1対1でドリブルを仕掛けられても、易々とは『縦』にドリブルを許しません。

絶妙に相手との間合いを縮め、縦方向に進もうとする相手のドリブルを阻止します。

長期の怪我で代表から遠ざかっていますが、高いレベルでそれが出来るのは内田篤人でした。

彼は守備に関しては、日本代表の中で最もレベルが高く、ネイマール、リべリークラスのドリブラーとも1対1で渡り合える凄い選手だったんです。

とにかく、サイドでの1対1の状況で相手のドリブルに対し、簡単に後退を選択するJリーガーにはよく考えて貰いたいです。

リスクを抑え、抜かれたくはないという気持ちも分かるが、簡単に下がるのは守備において『最低限』の選択肢です。

リスクを冒してでも、『縦』への突破を抑える意識をもつように改善して欲しいと思います。

また、相手の縦パスに対しても、受ける選手に対してマークを怠り、簡単に前を向かせる状況を許してしまいます。

サイドのスペースに裏抜けを狙われ最終ラインが下げさせられた結果、中盤にスペースを作られ、そこに中盤の選手へ出せれた縦パスを簡単に入れさせてしまいます。

サイドの裏抜けを警戒し、最終ラインを下げざるを得ないのは仕方ないですが、問題はその後です。

フリーになった相手選手に対する縦パスを妨害する為に、センターバックの一人が最終ラインから飛び出してマークに行かなければなりません。

パスをカットするか、最低でも相手選手に前を向かせなければ最終ラインを上げることが可能となり、守備をコンパクトに行えます。

ところが、Jリーグのセンターバックは最終ラインを崩すことを本当に嫌うのか、殆どの場合、センターバックが飛び出してマークに行くことがありません。

以前、行われた親善試合でドルトムントと川崎フロンターレの試合ではそれが顕著でした。

トップ下に起用された香川真司に対して、縦パスが簡単に収まり、何回も簡単に前を向かせていました。

バイタルエリア周辺でトップ下の選手が前を向けたら、いくらでもプレー選択肢が増え、ドリブル、パス、シュート、好きな様に自分の技術を見せつける事ができます。

こういう場合は、最終ラインを崩してでも、センターバックの選手が香川真司をチェックしなければいけません。

そして、センターバックが空けた最終ラインのスペースは、2列目の選手が戻り埋めればいいのです。

これは、サッカーのゾーンディフェンスの基本です。Jリーガーは総じて、ゾーンディフェンスの理解が低いのでは?と思っています。

『縦』に対する守備が曖昧だと、相手チームに押し込まれる時間が増えてしまい、同時に攻撃時間も減ってしまいます。

最終ラインは押し上げる事が出来ず、常に低い位置での守備を強いられ、次第に体力、精神的にも消耗し、失点を許してしまうのです。

早い段階で縦方向の相手の攻撃を阻止すれば、それだけ相手の攻撃時間を遅らせる事になり、最終ラインを押し上げ、守備陣形を整える事が可能となります。

また、自分達が優位な状況で守備が行えれば、スムーズに攻撃に移行する事も可能となり、攻守の切り替えが早くなります。

長々と書いてきましたが、以上に挙げた点を改善すれば、Jリーグの守備は向上し、日本代表のレベルも上がるでしょう。

以上、Jリーグの守備の問題点と改善点も言及してみた次第です。

-サッカー

執筆者: