サッカー

サッカーが下手なJリーガー…個人技は世界トップクラスなのに残念です…

投稿日:2014年10月17日 更新日:

サッカーで勝利する事とはどういう事か?Jリーガーには、その認識が浅いのだと思います。

28aec0b746094309572ce7fb6b618fb4_s

先日、4-0で大惨敗したキリンチャレンジカップ2014のブラジル代表戦を見て、改めて思った事を公開します。

関連記事:ネイマールが凄いのではなく、日本代表が弱すぎるだけ…ブラジル代表に4-0の惨敗…

内容としては、ネイマールに好き放題やられて、他のブラジル代表選手も要所要所だけ引き締めて、後は流し気味でプレーしていた印象です。

結果から考えれば、ブラジル代表戦の日本代表はJリーガ―中心で構成され、そして、あまりにもレベルが低すぎたと言えるかもしれません。

海外で活躍する香川真司、内田篤人が不在、長友祐都も最後までベンチを温めた事でJリーグのレベルの低さが、余計に目立つ形になったと思います。

ただ、悪いところばかりが強調されて、世間で囁かれていますが、わたしの見解はちょっと違います。まず、Jリーガーの個人技は世界でもトップレベルの筈です。

問題なのは、個人技は世界トップレベルなのですが、サッカーに関してはFIFAランク通りだという事です。

要はJリーガーはサッカーが下手なんですよ。個人技はあるのに…。

今回はその辺りに触れてみたいと思います。

スポンサードリンク


欧州の選手よりも、個人技は圧倒的に上手いJリーガー!

E69FB4E5B48E2014E38399E3838DE382BAE382A8E383A9E688A6E8A9A6E59088E5BE8C

本田圭佑が言っていたのですが、日本代表の練習に加わって常に思っている事があるみたいです。

「日本人は本当に上手い。ミニゲームなどの練習をみても、海外の選手よりも数段上」

基本的なパス、ドリブル、ミニゲームなどの練習などのレベルは本当に海外の選手よりも、器用にこなすようです。

それに比べて、海外の選手はびっくりする位にサッカーの基本技術がなっていない選手が多いらしいです。

ちょっと古いですが、あのレアルマドリードで活躍した、フランスのクロード・マケレレなどは、リフティングが10数回しか出来なかったとの事です。

まあ、スペイン、ブラジルは除外しても、ヨーロッパ諸国は比較的、サッカー選手としても個人技はJリーガーよりも、低いとサッカー関係者の発言をよく聞きます。

個人技は下手なのに、試合では通用してしまうトップレベルの選手!

fcb_ribery_zunge_920

ただ、実戦になるとなんだか頼りになる選手が多いんですよね…。大したテクニックは無いのに、ボールを持たせると、たった一人で敵陣まで持ち込む、凄い選手がゴロゴロいます。

バイエルン・ミュンヘンのフランク・リベリーも、そんなに複雑なドリブルのフェイント、テクニックなどは使わず、妙にキープ力と突破力はあるんですよ。

わたしが思うにリベリーは、ドリブルが上手いんじゃなくて、ボールを奪われないようにする身体の使い方が上手い選手です。

ボールの受け方とか本当に上手いですよ。自分の身体を上手く相手に預けて、ボールを収めます。何かボールの貰い方とか、バスケットのセンターみたいです。

相手を背負った状況では、腰を落して、自分の前に回り込ませないように身体を上手くコントロールするのが非常に巧みです。

前を向いてドリブルをする時も同様です、常にボールと相手選手の間に自分の身体を絶妙に入れているんです。

スピード、フィジカル、ボールテクニックもないのに、相手チームの脅威になるのがフランク・リベリーという選手です。

彼は自分の持てる技量をサッカーという競技に最大限に活かす方法と、チームに貢献する意識を高いレベルで持っています。

リベリーを例に出しましたが、他のヨーロッパ系の選手も自分の強みを最大限にサッカーという競技に活かしています。

「ラボーナとかなんだよ。そんな事出来ないけど、出来ても試合に役に立つのかよ。」

こんな意識の選手が多いと思いますよ。個人技は下手でも、サッカーでは頼りになる。そういう選手がトップレベルのチームに数多く存在します。

高い個人技をサッカーという競技でより高く活かす方法を!

4b78350d

以前、公開した記事で、柿谷曜一朗はバーゼルに移籍しても通用しないという説明をしました。

関連記事:バーゼル移籍の柿谷曜一朗は多分、通用しないでしょう…

その記事の要点は、柿谷曜一朗は世界トップレベルの個人技を持つ選手ですが、活かし方を意識していないから通用しないという論旨です。

要は、柿谷曜一朗は「器用貧乏」な選手という事です。フォワードとして、彼よりも数段下手な岡崎慎司の方が、よっぽど怖いサッカー選手です。

何故かって言えば、点を取るという事に関して、岡崎慎司は面白い位に分かりやすい選手でしょう。

ひたすら裏抜けを狙い、センタリングには泥臭くゴール前に飛び出す、とにかく彼のプレーの全ては「点を取る」事に集約されているではないですか。

Jリーグから、海外に移籍し、そのプレーに精度が増して、その結果、現在ではブンデスリーガーのマインツで得点を量産する脅威の選手となっています。

そういう意味では、柿谷曜一朗よりも岡崎慎司の方が、サッカーが上手い選手です。

岡崎慎司はいい意味で、Jリーグ出身の選手の割には、ヨーロッパ系の選手に近いタイプだと思います。

柿谷曜一朗はJリーグで大活躍してバーゼルに移籍しましたが、わたしの見解通り、現在の時点でスターティングメンバーの椅子を確保していません。

彼は、高い技術をどうサッカーという競技に活かすのか?より意識するべきだと思います。

この間のブラジル戦で、ノーマークでセンタリングされたボールを受けた時、柿谷曜一朗はシュートを選択せず、中に折り返そうとしましたよね?

だから、ダメなんですよ…。サッカーというスポーツは、ボールをゴールネットに叩き込めば得点!というスポーツで、スケートみたいにプレーに対する技術点とかないですから…

そういう所を改善して欲しいと思います。

サッカーに技術点はありません。ボールをゴールに叩き込んでナンボ!です。

92b1a65108881ddca7f2ba41cb422ddc_s

友人から、フットサルで外人チームと試合をした時の話を聞きました。内容はこれぞ外人!というダイナミックな内容でした。

面白かったのは、外人チームは下手糞だったみたいですが、結構、試合はもつれたみたいですね。

というのは、外人チームはボールを奪うと、どんなに距離が遠くてもバンバンシュートを打ってくるとの事です。

パスで崩すとかあんまり意識しないで、シュートを打てる態勢なら遮二無二、打ってくるので、何か調子が狂うとの事でした。

フットサルをやられている方は分かると思いますが、あんまりシュートを打たずに、綺麗にパスを配球する事を目的にプレーしている人とかいますよね?

ポゼッションフットボール?の影響でしょうか?バルセロナの象徴であるフットボールが世界を席巻し、影響を受けている人達が多い筈です。

関連記事:ルイス・エンリケ率いるバルセロナのサッカーはどのように変化したのか?

これが一般の人達ならばいいのですが、日本人のサッカー関係者が曲解して影響しているのでは?と思う事があります。

ポゼッションなんて、ショートカウンターが成功しなかった場合の「第二の選択肢」の位置づけ、もしくは守備が弱いチームの苦肉の策です。

それをサッカーのにおける、最善の戦術方法と誤解している方が多いのでは?

サッカーで勝利する為の最善の方法は「少数で攻め、多数で守る!」これしかないんです。

そこをはき違えたらいけません。だから、ポゼッションを極めるとかいうのは「少数で攻め、多数で守る!」これが出来ない場合に考えるべきなんです。

何か綺麗にポゼッションを保つとか、サッカーの勝敗とは別次元の位置にあるものを上手くこなす事を意識している人達がいるように思えます。

話を大きくすると。Jリーグの試合を観ると、どうもその辺をはき違えている選手、監督が多いような気がします。

ポゼッションを高めても、別にサッカーの勝敗に影響する事はありません。技術点はないんです。サッカーで勝敗を左右する点を与えられるのは、ボールをゴールに入れた時!

それだけです。

Jリーガーの攻守の切り替えが、遅い理由について

6685d03b24ba851a7e6060db0e18fa94_s

Jリーグはどのチームも、ポゼッションを主要な戦術に組み込んでくるので、あんまり無理に攻め込むという姿勢がないですよね?

ましてや、単独でカウンターのドリブルを仕掛けるとか、マークが付いていても強引にロングシュートとか選択する選手は少ないと思います。

守る側にとっても、急いで攻めてくる気配はないし、ロング、ミドルシュートも打ってこないので、リトリート(自陣に最終ラインを下げて引きこもる)すれば、効果的に守れます。

その結果、中盤の攻防は緊張感がなく、寂しいものになります。とにかく自陣に戻っていれば、相手はわざわざ自陣深くまで、攻め込んで来るので、中盤で守備を頑張る必要はありません。

自陣でボール奪っても、基本はポゼッション選択という事で無理に攻め込みません。繰り返しますが、守る方は相手が無理に攻め込んでこないので、自陣深くに戻ればなんとかなります。

以上の事から、あんまり攻守の切り替えを急ぐ理由が、Jリーガーにはないんですよね。

では、世界で最も攻守の切り替えが速いと言われる、プレミアリーグはどうでしょうか?

※クラブレベルでは、レアルマドリード、ドルトムントが最も速いチームです。

単独で鋭いカウンターを仕掛けてくる選手はゴロゴロいて、中盤から正確なミドル、ロングシュートをバンバンに打ってきます。

こういうチームに対して、攻守の切り替えが遅い事は致命的になります。特にボールを奪われた後、隙があれば単独でもドリブルを仕掛けてくるし、中盤からでもフリーならシュートを打たれます。

だから、攻守の切り替えを速くし、厚みのある中盤からの激しいプレスを行う為にも、ラインを高くしなければなりません。

最終ラインを高くする事は当然、リスクを負います。ですので、試合自体に緊張感が生まれます。

ところで、Jリーグで観ていて、選手の緊張感が伝わって来る、ハラハラする試合とかありますか?

わたしは観た事がありません。その理由はJリーグは攻守の切り替えが遅いからです。

何故、海外の選手は攻守の切り替えが速いのか?

robben dive

海外の選手、特にトップリーグの選手は、攻守の切り替えがJリーガーよりも速い事は確かです。

その理由は、Jリーガーよりも、サッカーで勝利する事とはどういう事か?それを深く理解しているからです。

攻守の切り替えを速くする=「少数で攻め、多数で守る!」に直結します。そして、ポゼッションフットボールを広めたバルセロナも実は、攻守の切り替えが速いチームでした。

グアルディオラが率いていた絶頂時のバルセロナは、華麗なポゼッションばかりがクローズアップされますが、本当のチームコンセプトは「ショートカウンター」でした。

当時のバルセロナの守備方法は、ボールを奪われた時、奪われた選手とそれを待っていた選手が積極的にプレスを掛けて、高い位置からショートカウンターを狙う事が最優先順位だったんです。

バルセロナですら、「少数で攻め、多数で守る!」を忠実に実行していました。

ただ、現在のJリーグは「多数で攻め、多数で守る!」このような曲解されたポゼッションの意義が、広く浸透しているのだと思います。

Jリーガーは個人技では世界トップクラスの筈です。ただ、海外トップレベルリーグと比較して、まだ、サッカーで勝利する事とはどういう事か?

その意識が足らないのだとわたしは思います。正直、Jリーグと海外トップリーグの差は、その意識の差だけの筈です。

サッカーで勝利する事について、もっと深く認識して、その先にあるものは何か?それが広くJリーグに浸透すれば、海外にも劣らない強力なリーグになる筈です。

ただ、その為の第一条件として、資金力が圧倒的に足りません…。Jリーグは海外資本の参入を視野に入れる事が必要だと思います。

-サッカー

執筆者:


  1. ちゃんソリ より:

    鄭大世言うように日本のサッカー選手って審判の助けを期待し過ぎなんよ! 身体ぶつけられて倒れてもバランスを保ち直して前に進むような気持ちでサッカーするべきだろ!

    Jリーグの試合見ても球際で激しさがほとんど無い。アトレティコとユベントスの試合なんか見てても、マンジュキッチなんか相手を押さえつけてでもシュートに持ち込もうとするのに

    韓国のサッカーも確かにボールに対してじゃ無いプレーで相手を削りに行くプレーもあるから良くない部分もあるけど、ボールに対して行く時の姿勢はあながち日本人もバカに出来ん!!

    • pokapoka より:

      ちゃんソリさん。コメントありがとうございます。仰られる通りだと思います。ちょっとJリーガーはプレミアリーグを見習った方がいいかもしれません。

      マンジュキッチ強いですよね。ジエゴ・コスタもそうですが、ファイタータイプの強烈なフォワードが日本人からも出てきて欲しいです。

  2. ロロ より:

    細かい事で申し訳ないのですが、スペイン、ブラジルは除外とありますが、スペインは昔から個々の平均技術は高かったけどブラジルやアルゼンチンのように圧倒的な個人能力でボールを運んだり、一人で試合を決められるようなアスリート能力も兼ね備えた怪物クラスの選手は生んでいない国ですけどね。
    その点に関してはオランダやフランスの過去の名選手の方が評価は上ですし、技術系の選手だけをとってもいわゆるバロンドールクラスの数では代表実績でヨーロッパのトップ1、2の国であるドイツ、イタリアにも劣っています。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゲーゲン・プレスが炸裂!好調ドルトムント!マインツを下し2連勝!

『マインツ戦でもゲーゲン・プレスが機能していました。ドルトムントが復活しつつあります』 前節、フライブルグを完膚なきまで叩き潰したドルトムントですが、先日、岡崎慎司が所属するマインツと対戦しました。 …

サッカーのフォワードに求められる動きと役割とは?多様化するその存在!

現在のサッカーで求められるフォワードの役割と動き方は『チームの司令塔となり、攻撃のリズムを牽引する事!』 最近のサッカーにおけるフォワードの動きと役割は、従来のフォワードとはかなり異なってきています。 …

ゲーゲン・プレスに復活の兆し!ドルトムントの反撃が始まる?

『もし、ユベントスにも勝利できたら、何かドルトムントの快進撃が始まりそうな予感がします』 先日、ドルトムントはアウェーでフライブルグと対戦しました。 結果は3-0と久しぶりに快勝を飾りました。香川真司 …

これがクロップの限界?最下位のドルトムントに一体、何が?

『チームが降格するという崖っぷちで、逆にアクセルを全開で踏み込んでくる様なタイプがクロップだと予想していたんですが、逆にブレーキを中途半端に踏んでしまいましたね』 ブンデスリーグも後半戦を迎えました。 …

岡崎慎司の珍ゴール炸裂!サッカーアジアカップ初戦は日本代表がパレスチナ代表に勝利!

『アジアカップ初戦は、日本代表、岡崎慎司の珍ゴールがみどころでした!』 連覇が懸った、サッカー日本代表のアジアカップの初戦が始まりました。 結果は4-0でパレスチナ代表に勝利する事が出来ました。正直、 …