体脂肪

体脂肪を下げるインターバルトレーニングの注意点について!

投稿日:2015年5月4日 更新日:

deb3ab0175580a5ff97262210316c2d3_s

『ダイエット中は食事を制限することに目がいきがちですが、継続して運動を行える様に適切な食事も必要になります』

かなりハードですが、体脂肪を下げるには効果的な運動方法としてインターバルトレーニングを紹介しました。詳細方法は下記記事をご参照ください。

関連記事:体脂肪を短期間で下げる運動方法!インターバルトレーニング!

このトレーニングは本当にしんどいです。運動不足の方、ご高齢者の方にはあまりお勧め出来ないトレーニングです。もし、試してみたいと思う方は最低でも、全力ダッシュが30m持続する位に成ってからでないと無理だと思います。

さて、そんなインターバルトレーニングですが、運動後、激しい疲労に襲われます。そして数日間、その疲労感は継続する可能性もあります。

今回はインターバルトレーニングの様な運動強度が高い部類のダイエットにおいて、ちょっとした注意点を公開致します。

スポンサードリンク


当然ですけど、食事制限も大切ですが、疲労の回復も大切!

51d95b85836b63d895365d7c31c6b208_s

何か競技目的の為にインターバルトレーニングを取り組んでいる方は、ご理解していると思いますが、ダイエットの為に運動を取り組んでいる方は忘れがちな事柄があります。

それは『疲労の回復』です。ダイエット中の方は体脂肪を下げる事ばかりに意識が向いがちで、運動後の疲労回復については疎かにしている場合が多いです。

運動後に疲労を取り除く心がけを怠ると、ダイエットで大切な運動が継続して行えません。体脂肪を下げて痩せる為にも、出来るだけ早く、運動が十分に出来る状態に疲労回復を意識した方がいいです。

疲労回復の方法は、休息を十分に取る事も大切ですが、それ以上に食事が大切になります。ダイエット中は食事を抑えようと考えてしまいますが、疲労回復の為にも、しっかりと適切な食事を行う必要があります。

激しい運動は筋肉量を減らしてしまう!

4e2be9def26f67e44392e96ec351f3a5_s

ある程度の運動をした直後、人間の身体は必ず疲労感がやってきます。これは運動時に身体のエネルギーを消費した為です。

比較的、強度が低く、短時間の運動ならば主に脂質がエネルギー源となるのですが、インターバルトレーニングの様に運動強度が非常に高いトレーニングは、脂質のみならず糖質、更に身体のアミノ酸もエネルギーに利用されます。

時間当たりの心拍数が激しい運動は、手っ取り早くエネルギー(ATP)を得る為に、脂質ではなく糖質を利用します。

糖質(グルコース)をエネルギーに変える過程は、脂質やアミノ酸よりも簡単なので、激しい運動の場合、素早くエネルギーを得る為に身体は糖質を優先的にエネルギーに変えます。

ただ、その方法でもエネルギー生産が追い付かなくなれば、脂質、アミノ酸も総動員して、エネルギーを身体は生産をするんです。

問題はアミノ酸がエネルギーとして利用されてしまう場合です。アミノ酸は身体の筋肉を構成するタンパク質を分解して生成されます。その場合、身体の筋肉量は減ってしまう事になってしまうのです。

ただ、食事のタイミングと品目によっては、筋肉のタンパク質の分解は抑制する事も出来ます。その食事のタイミングはトレーニング前、品目はアミノ酸を多く含む食品を摂取する事です。

トレーニング前後にしっかりとした食事を!

0343dbc1102b4f4f1f1c00a27d5e25f5_s

運動強度が高いトレーニングをする場合、競技選手もそうですが、ダイエット目的の方も以下の2点を注意する事です。

  1. 適切な食事による疲労回復。
  2. 筋肉量の減少を抑える食事。

疲労回復は非常に大切です。その為に摂取すべき食品は炭水化物です。低インシュリンダイエットが流行ったせいか、炭水化物はダイエットには大敵というイメージがありますが、疲労回復の為にも十分に摂取しなければなりません。

運動をしっかりとダイエットに取り入れている方は、毎食、白米を1膳半位食べても問題はありません。むしろ、最低でも1膳は食べる様にしましょう。

白米に含まれる炭水化物は糖分と食物繊維で構成されています。食物繊維も摂取出来ますし、糖分を摂取しないと筋肉にグリコーゲンが補給されないので、疲労が中々、回復しなくなります。

また、糖分をしっかりと摂取してけば、筋肉にグリコーゲンが十分に貯蔵されますので、良いコンディションで運動を行う事が出来ます。

因みに摂取する糖分が不足すると、体脂肪がエネルギーとして燃焼されにくくなります。少し専門的な話になりますが、クエン酸回路にあるオキサロ酢酸という物質があります。

このオキサロ酢酸は糖分(グリコーゲン)が分解され、クエン酸回路で生成されます。オキサロ酢酸が適切に生成されないとクエン酸回路の働きが悪くなり、体脂肪が燃焼しません。

次に、筋肉量の減少を抑える食事はアミノ酸を多く含む食品を摂取する事が大切です。

アミノ酸を多く含む食品は、タンパク質を多く含む食品と考えていいでしょう。例えば、鶏卵、牛肉、豚肉、鶏肉、牛乳、マグロ、カツオなどです。

ただ、上記の食品は高カロリーの物もありますし、価格的な問題、好みの問題もあると思います。そこで、これらの問題を簡単に解決できる食品が黒酢です。

黒酢はアミノ酸、ビタミン、ミネラルを多く含む食品ですし、疲労回復を促進させる酢酸も多く含まれています。

関連記事:黒酢を飲むと疲労回復に効果的な理由とは?

インターバルトレーニングなどの激しい運動の前に黒酢などを摂取しておけば、トレーニング中に筋肉が分解されるのを最小限に予防してくれます。

ダイエット中は食事を制限することに目がいきがちですが、継続して運動を行える様に適切な食事も必要になります。特にインターバルトレーニングの様な運動には、しっかりと疲労回復を注意する事をおすすめします。

関連記事:黒酢サプリメントのダイエット効果!体脂肪を下げて飲むだけで痩せる!

-体脂肪

執筆者:


  1. […] 関連記事:体脂肪を下げるインターバルトレーニングの注意点について! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

体脂肪率を一気に下げるトレーニング!坂道ダッシュのダイエット効果について!

『坂道ダッシュのトレーニングを上手く取り入れて、夏までに細マッチョになりましょう!』 夏に向けて体脂肪率を一気に下げたいという方は必見です! 水着になる時、余計な脂肪が身体についていると、ちょっと恥ず …

女性にもおすすめ!体脂肪を効果的に減らす筋トレのスクワットについて!

室内でも手軽に行えて、短時間で終了する体脂肪を燃焼させる筋トレを紹介します。 この筋トレは女性にもおすすめです。 その筋トレは『スクワット』です。 スクワットは下半身をまんべんなく鍛え、上半身の筋肉を …

体脂肪を効率よく落す方法として水泳はオススメ!膝や身体に負担が少ない!

『運動不足の方が体脂肪を効率よく落す為に、水泳を選ぶのもいいでしょう』 何度も、本ブログで体脂肪を落す方法は「ウォーキング」などの有酸素運動がベスト!と公開してきました。 関連記事:体脂肪率がどうやら …

体脂肪を増加させ、身体に悪影響を与える低体温に気をつけましょう!

『低体温は体脂肪を増加させるだけではなく、身体に様々な悪影響をもたらします』 今回は体脂肪を増加させ、身体の万病のもとにもなる『低体温』について公開してみたいと思います。 最近、体脂肪が落ちにくくなり …

内臓脂肪と脂肪肝の恐ろしさについて。

『冗談抜きで、肝硬変になるまで脂肪肝の状態を放っておくと命に関わります。脂肪肝は自覚症状がないので気を付けましょう!』 前回の記事で内臓脂肪の増加がもたらす悪影響について公開しました。 関連記事:内臓 …