【クラロワ攻略!】アイススピリットの使い方・対策と相性のいいカードについて!

2019年7月12日

コスト1で使える【アイススピリット

【スケルトン】と同じようにコストが1なので、手札回しにも使えるカードなのですが、慣れない方は使いづらいカードだと思います。

序盤、中盤のデッキに組み込む方は少ないのかもしれません。

ですが、使いこなせば強力なカードになりますし、【エリクサーアドバンテージ】を取る為には効果的なカードです。

今回は【アイススピリット】の使い方・対策と相性のいいカードについて公開します。

レベル別ステータス。

レベル HP ダメージ
Lv1 90 45
Lv2 99 49
Lv3 108 54
Lv4 119 59
Lv5 131 65
Lv6 144 72
Lv7 158 79
Lv8 173 86
Lv9 190 95
Lv10 209 104
Lv11 230 115
Lv12 252 126
Lv13 278 139

アイススピリットの長所・短所について。

長所

・ぶつかれば1.5秒間。相手ユニットの動きを止める!

・単体攻撃ではなく範囲攻撃!

・地上・空中ユニットを攻撃可能!

・【ガーゴイルの群れ】をタワーと連携して効果的に処理!

【短所】

・遠距離攻撃ユニットに攻撃前に倒されてしまう。

・配置時間が1秒かかるのがネック。

・呪文であっさり処理されてしまう。

ペッカの使い方について。

【複数ユニットの動きを止め、攻撃のサポート!】

アイススピリット】は、エリクサーコストが1という低コストのユニットですが、使い方によっては強力なカードになります。

地上・空中ユニットも攻撃対象ですので、攻守において活躍します。

【ホグライダーと一緒に!】

ホグライダー】の後ろに付けて、防衛してくるユニットの動きを止めます。

ホグライダーは、複数ユニットでないとタワーのダメージを0に抑えられませんので、終盤になると複数ユニットで止めに来ます。

その時に【アイススピリット】で相手の複数ユニットの動きを止めて、【ホグライダー】によるタワーダメージを稼ぎます。

【ザップとのコンビが凄い!】

【ガーゴイルの群れ】などの複数ユニットに対して【アイススピリット】と【ザップ】で処理することができます。

矢の雨】などがない場合【アイススピリット】を【ガーゴイルの群れ】に放ち、直後に【ザップ】でかんたんに処理できます。

しかも、【エリクサーアドバンテージ】を2つも取れるので非常にお得です。

【トルネードとのコンビも凄い!】

呪文の【トルネード】とのコンビも凄いです。

少し距離間がある相手ユニットに【トルネード】使用。そこに【アイススピリット】をぶつける事で、まとめて動きを止めます。

そこに範囲攻撃のユニットで相手の複数ユニットを驚くほどに簡単に処理できてしまいます。

【アイススピリット】の対策】

アイススピリットの対策は難しいです。

コスト1のユニットに対して、それ以上のコストのユニットで対策するのは得策ではないからです。

そういう意味で、対策が出来ない厄介なカードが【アイススピリット】です。

ウィザード】【マスケット銃士】など攻撃速度が速い、遠距離攻撃ユニットがいれば無効化することは可能です。

また、【アイススピリット】と他のユニットを巻き込めれば、【矢の雨】【ローリングウッド】【ポイズン】などで簡単に処理できます。

アイススピリットと相性のいいカードは?

アイススピリットと相性のいいカードは多くあります。

攻撃では【ホグライダー】【攻城バーバリアン】などの建物を狙うユニットとの相性もいいですし、防衛では【ザップ】【トルネード】などとも相性がいいです。

 

ただ、配置時間を1秒必要とするので、タイミングには注意が必要です。

また、【アイススピリット】はヒットポイントが非常に低いので、攻撃される前に処理されてしまう可能性も高いです。

その結果、使いこなすには、ある程度のPS₍プレイヤースキル₎が要求されるユニットです。

スポンサーリンク