タマゴサミン

絶対に効果がある!変形性膝関節症の原因と予防をする5つの方法について!

投稿日:

変形性膝関節症は、患うと日常生活に支障をきたしてしまう厄介なものです。

変形性膝関節症を患う方は、ご高齢の女性が特に多いかと思われます。症状が酷くなると歩くことが辛くなり、階段などの上り下りが出来なくなる場合も。

そんな変形性膝関節症を予防する為に、まず、原因について知っておいた方がよいかと思われます。

変形性膝関節症の原因とは何なのでしょうか?

変形性膝関節症になってしまう原因はおおまかに3つあります。

  1. 体重が増加して膝関節に負担を掛けてしまう為。
  2. 膝回りの筋肉が加齢により衰える為。
  3. 加齢により関節軟骨が生成が不十分になってしまう為。

中高年に差し掛かると、若い時よりも基礎代謝が下がり太りやすくなってしまいます。

そして体重が増えた分だけ膝関節の負担が増えてしまいます。

更に身体全体の筋力も加齢と共に衰えてしまい、これも膝関節に悪影響を与えてしまうんですね。

そんな状況の中、膝関節の軟骨を修復する能力も弱くなるので、変形性膝関節症を発症させる可能性が高くなってしまうんです。

変形性膝関節症の予防方法について?

1.  1kgでも体重を落とすこと。

変形性膝関節症を予防する為にてっとり早いのは、1kgでも体重を落とし膝に掛かる負担を減らすことです。

1kg体重を落とす=変形性膝関節症の手術を行う事と同じレベルだとも言われています。

変形性膝関節症を予防する為には、普段からこまめに運動を行い、少しでも体重を維持する。もしくは減量をする様に心掛けましょう。

2.   膝回りの筋肉を強化し、ストレッチも行うこと。

変形性膝関節症を予防する為には、膝回りの筋肉を強化することが大切です。

特に太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋を衰えさせる事が、変形性膝関節症を発症させる原因にもなります。しっかりと鍛えましょう。

変形性膝関節症を予防する為の大腿四頭筋の鍛え方は、下記の動画をご覧ください。

3.   タマゴサミンを摂取すること。

変形性膝関節症を改善するためにサプリメントを摂取することも効果的です。

膝痛関連のサプリメントとしてグルコサミンやコンドロイチンなどがありますが、これらのサプリメントですり減った膝軟骨を再生させるのは難しいです。

グルコサミンやコンドロイチンは体内で活用されにくく、仮に活用されたとしても軟骨を再生させるヒアルロン酸を作り出す機能が衰えているのでは意味がありません。

関連記事:タマゴサミンを飲むと変形性膝関節症を改善出来るのでしょうか?

ヒアルロン酸を作り出す機能は加齢と共に衰えてしまい、それで軟骨を痛めて変形性膝関節症を患ってしまうんです。

タマゴサミンというサプリメントは、衰えたヒアルロン酸を作り出す機能を促進させる効果があります。

そしてタマゴサミンを飲み続けることで膝の軟骨組織が再生し、炎症を抑えて、変形性膝関節症を改善することが出来るのです。

≪毎日のつら~い悩みに≫→生み出すチカラの【タマゴサミン】!!
4.   底の厚い靴を履くこと。

膝の負担を和らげる為に、なるべく底の暑い靴を履くことも効果的です。

また、変形性膝関節症を改善するための『足底板』というものも存在しています。

足底板とは、外側が高くなっていて内側が低くなるように靴底を調整するものです。

変形性膝関節症は膝の内側にある軟骨同士が摩擦されることで痛みますので、足底板を履くことで内側の軟骨同士が摩擦されることを緩和させる効果があります。

O脚の方で変形性膝関節症に悩まされている方には、足底板はおすすめです。

ネットショップ、薬局で安価に購入できます。

5.   温めること。

変形性膝関節症は膝の炎症が生じますので、冷やすことが効果的と思われますが、必ずしもそうではありません。

痛みが強く、腫れがひどい場合は冷やすことが効果的ですが、そうでない場合は『温めること』が効果的です。

変形性膝関節症は痛みや腫れがない場合、積極的に温めることが大切です。

膝を温めることで血流を改善し、新陳代謝が活発になり治療が効果的になります。

歩くことが負担にならない生活を!

以上のことを心がけることで変形性膝関節症を予防し、改善することができます。

膝の痛みを気にせずに普通に歩行が出来ることは、なんとも素晴らしいものです。これは変形性膝関節症を患うことで初めてわかることでしょう。

予防・改善には努力の積み重ねが必要ですが、変形性膝関節症は頑張れば必ず良くなります。

-タマゴサミン

執筆者: