サッカー

ハリルホジッチ率いるサッカー日本代表の守備が酷い!連動性は皆無に等しい…

投稿日:

ロシアワールドカップに向け、日本代表の海外遠征が続いています。

そして、この段階にきてサッカー日本代表の守備の脆弱さが露呈し始めています。

デュエル!デュエルと連呼しながらも、ことごとく海外の選手に1対1で敗れ、ミスを起点に失点を重ねるというお粗末な内容を披露し始めています。

監督であるハリルホジッチは守備の脆さについて選手側の責任を強調していますが、わたしから見れば、チームとしての監督責任の方が大きい様に思えます。

関連記事:ハリルホジッチは高い評価を得られるべき日本代表監督なのでしょうか?

今回はハリルホジッチ率いるサッカー日本代表の守備の脆さと課題について公開してみたいと思います。

山口蛍選手の様にがむしゃらに相手選手に寄せればいいという訳ではない…

ハリルホジッチがやたらにデュエルという造語を連呼している影響なのでしょうか?確かに日本代表選手の守備時の寄せが以前の代表よりも激しくなっています。

ただ、個人個人がペースを考えず、がむしゃらに寄せているだけにしか見えないんですね。

サッカーのトレンドは堅守速攻なので、素早く寄せてボールを奪い、守備体勢が整う前に速い攻撃仕掛けたいというのはよく理解できます。

ですが、それを実行するには選手の力量に左右されることはもちろん、緻密な戦術構成が必要とされます。

選手の体力は無限にある訳ではないですし、高いレベルでプレーする海外選手は日本の選手よりも体格が優れた激しい寄せに慣れているんですね。

状況を考えずに遮二無二、激しく寄せているのではなく、チームとして連動してスペースを空けずに寄せているので効率的に機能しているんです。

前線の選手が前に寄せれば、最終ラインにいる選手もスペースを作らせない為にしっかりとラインを上げます。

中盤の選手も前線の選手がパスコースを限定すれば、しっかりとそのスペースを埋める動きがしっかりと出来ています。

つまり、守備時に選手が寄せることでスペースを作らない様にチームが連動して動いているんです。

ハリルホジッチ率いる日本代表は激しく寄せはするんですが、守備としてそこで終わってしまっているから問題なんですね。

例えば、原口元気選手が前からプレスを必死に掛けても、他の選手が連動してボールを奪う動きが出来ていないので、フリーで簡単にパスを出させてしまったり…

ボールホルダーの寄せはいいんですけど、その後、どういう形でボールを奪うのかチームとして連動出来ていないんですね。

相手選手からしたらパスコースは特に限定されていない場面が多いので、激しく寄せられてもパスに逃げることが出来ますので、試合運びが楽になるんです。

逆に日本代表の選手は激しくボールに寄せても、ボールを奪えず、ひたすら守備に追われる事に時間が割かれてしまうので、体力だけでなく精神的にも消耗していきます。

酒井宏樹と長友佑都が上がりすぎて、中盤の選手の負担が大きい…

ハリルホジッチ監督はサイドから攻撃を組み立てていくのが好みの様です。

ザッケローニ監督時代の日本代表に比べて、サイドからのセンタリングによる得点パターンが増えています。

ただ、ちょっとやりすぎでは…?と思うのは、両サイドバックの長友佑都、酒井宏樹にかなり高いポジションを取らせているんです。

サイド攻撃を機能させる為の指示だと思いますが、あそこまで極端に高く張らせてしまうと背後のスペースが問題になります。

また、両サイドを上下する時間も長くなるので、かなりの体力を消耗させられているでしょう。

日本代表の失点パターンは両サイドバックの背後を突かれて、中盤の選手が釣りだされ、最終ラインが下がらざるを得なくなり、バイタルエリアのスペースを空けて失点をする…

かなり高いポジションを取っているので酒井宏樹、長友佑都が戻り切れないんですね。

山口蛍、長谷部誠がサイドの守備対応に追われて数的不利になるので、吉田麻也は最終ラインを下げるのを強いられてしまいます。

とりあえず、それで守備は間に合わうんですが、中盤の底である長谷部誠は最終ラインに吸収されて中盤のスペースを相手チームに利用されてしまうんです。

時間が経過するごとに前線と最終ラインが間延びしてくるのが、現在のサッカー日本代表ですね。

縦に急ぎ過ぎる攻撃が選手の出足とポジショニング狂わせている…

堅守速攻は分かるんですけど、攻撃はそれ一辺倒になると選手の体力が続きません。

また、相手チームも日本代表の縦へのロングパスが増えてくると対応が楽になってきます。

デュエルをベースにした激しい寄せによる堅守は分かるんですけれども、攻撃時間=ボール保持時間をもう少し確保しないと選手の体力が持ちません。

もちろん、プロのサッカー選手なので試合中に動けなくなるほど疲労困憊にはならないんですが、瞬時の動きだしや判断力が時間の経過と共に衰えていきます。

裏抜けにダッシュを繰り返し、疲労が重なった時に素早い守備の切り替えが求められる…今の日本代表選手ではそれを遂行するフィジカルがあるとは思えません。

試合の序盤は前線から激しい寄せが繰り返され、調子が良さそうに見えます。

ただ、だんだん選手の消耗は激しくなり綻びが生じてきます。戦術的に高いレベルで機能させるには不可能に近いレベルだと思います。

サッカー日本代表の守備を改善させるにはポゼッションを意識するべき!

サッカー日本代表はとにかく攻撃が淡泊で縦に急ぎ過ぎています。

ボールを奪ったら無理やりにでも縦に展開したがるので、それを改めてきちんと攻撃を組み立てるべきです。

横パスを繰り返せという訳ではなくて、無理に攻める必要はないという事です。

展開できる時は縦に放り込んでもいいと思いますが、無理なら低い位置でボールを動かし、チームとしてボールポゼッションを意識するべきです。

ボールを保持する限り、守備に追われる事はないので体力を維持しながら余裕を持って試合を展開することが出来ます。

そうすると攻撃時に守備のポジショニングを考えることも出来ますので、守備の体勢を素早く整えて苦しい状況にならずに済むはずです。

ハリルホジッチ監督が志向するサッカーは分かるんですけど、理想を追い過ぎているので、状況に合わせた戦術を考えるべきです。

でも、この監督は頑迷で柔軟に現在の日本代表の戦力に合わせた守備戦術を構築できるとは思えません。

-サッカー

執筆者: