サッカー日本代表

ハリルホジッチは高い評価を得られるべき日本代表監督なのでしょうか?

投稿日:

アジア最終予選に向けて日本代表のメンバーが発表された。

ハリルホジッチが期待を寄せている宇佐美貴史、長く吉田麻也とセンターバックを組んでいた森重真人が招集外となる予想外のものでした。

そして、やっと乾貴士が収集されました。セビージャで戦力外にも関わらず招集していた清武弘嗣を呼び、主力として活躍している彼が呼ばれないのは不可解の一言。

今回は日本代表監督であるハリルホジッチは、世間で言われている様に高く評価してよい人物なのか?

その辺りを勝手な私見から公開してみたいと思います。

スポンサーリンク

Jリーグの試合展開が遅い事を指摘しているが、具体的に何が遅いのか?理解しているのか?

ハリルホジッチは日本代表メンバーに対し、バイエルン・ミュンヘンとバルセロナの試合を観戦させたことがあるみたいです。

その試合をモデルケースとする様に代表選手に指摘したらしく、目的はJリーグの試合展開が遅いので、欧州トップレベルの速さを見習う様に言及した様です。

ただ、ハリルホジッチはJリーグが展開するサッカーの何が遅いのか?具体的に理解しているのでしょうか?

Jリーグが欧州トップリーグと比較して、圧倒的に遅いのは縦に攻めるスピードではなく、攻守の切り替えのスピードです。

日本人選手は俊敏性があり、決してスピードは遅くはないんですね。

ただ、攻守の切り替えに関してはチーム全体で見た場合、非常に遅いんです。

特に守備から攻撃に移るスピードが遅すぎます。ボール奪取位置が全体的に低い上に、最前線までボールを持ち込むスピードがとにかく遅い。

攻守は連動していて、片方だけのスピードを速くしても試合を通して見れば、全くスピードアップには繋がりません。

試合展開を速くしていのであれば、攻守の切り替えの意識から改善していかなければならないのです。

両サイドバックが上がりすぎ。中央のフィルターも弱い…

ハリルホジッチは縦に速く、サイドから攻撃を展開したい様ですが、それを機能させる戦術をしっかりと考えているのでしょうか?

現在のところ、格下であるアジアチームに対しては結果を残しているのは事実です。

ただ、率直な感想を言えば、日本代表の攻撃は確かに縦に速くなっていますが、その分、攻撃が非常に雑で、淡泊に終了する場面が多いのが印象的です。

守備時は両サイドバックが上がり過ぎて、裏のスペースを突かれて失点を重ねるケースを何度も見てきました。

ハイプレスを仕掛けた時、序盤は上手く機能しているのですが、試合経過と共も寄せが甘くなりボランチのカバーが遅れているケースが多く見られます。

アジアレベルのチームであれば対応は出来るのでしょうけど、南米などのフィジカルが強く、個人技が高いチームと対戦すれば大量失点の憂き目に遭う可能性があります。

インテンシティを求めるのであれば、ポゼッションを高くするべき。

ハリルホジッチは、シンプルに攻撃は縦に早く、守備はハイプレスから主導権を握るという、インテンシティが高いサッカーを目指しているようです。

ただし、こういうサッカーは分かり切った話ですが体力の消耗が激しいです。

90分間、持続して続けるのは選手に相当な負担を掛けます。

それが可能ならば強力なチームになるでしょうけど、現実はそんなに甘くはありません。

日本代表の試合を見ていれば分かりますが、後半の中盤を過ぎると高い頻度でミスが目立ち始める傾向があります。

これは選手の疲労が蓄積し集中力を途切れるからです。試合を通して集中力を維持するには、精神力を支える体力が必要になります。

インテンシティを高めたいのであれば、攻撃時のポゼッションを高くしなければ体力が続きません。

ポゼッションを高くすることで体力を温存することが可能です。無理な裏抜けの為にスプリントを繰り返す必要がなくなり、落ち着いて攻めることが出来ます。

ハリルホジッチが日本代表に就任してから、ポゼッション率は低下の一途をたどっています。

攻守の切り替えを早く、インテンシティが高いサッカーをしたいのは分かりますが、それならばポゼッションを高くしなければ、いずれ破綻するのは目に見えています。

アジアレベルとの試合を重ねても、ハリルホジッチの評価は出来ない。

世間でもよく言われている様にアジアレベルの代表国と試合を重ねても、日本代表の強化に繋がりません。

確かに弱いチームと日本のホームで戦い、勝利を重ねれば興行としては成功ですが、強化という面ではプラスにはなりません。

ハリルホジッチが監督に就任してから、ブラジル、スペイン、フランス、ドイツ、ベルギーなどの強豪国とは対戦していません。

ハリルホジッチが目指すサッカーで、強豪国と試合して始めて日本代表の課題と採るべき道がはっきりとするでしょう。

今まで見た限りでは、ハリルホジッチが推し進めるサッカーは、わたしは評価出来きません。

わたしが思うのは、ブラジルワールドカップで採用していたポゼッションサッカーを改善、継続する事が日本代表にとって、最も強化となるべき道だったと考えています。

ポゼッションサッカーは最近、忌み嫌われているが、正しく採用をすれば体格的に劣っている日本人に最も合っているサッカーだとわたしは思っています。

そして、ブラジルワールドカップでは惨敗しましたが、あのときのサッカーをベースに守備の方法さえ改善出来れば、強豪国とも十分に渡り合えると思っています。

縦に速いサッカーも大切ですが、そのアプローチの方法を間違えれば、時代遅れで中堅国しか通用しない単調なサッカーになってしまいます。

とりあえず、現時点でハリルホジッチについて、高く評価されるべき人物かといえば、わたしは懸念を感じている次第です。

ブラジル、ベルギーとの親善試合でどこまで食い下がれるか?

ハリルホジッチが、日本代表に就任してから初の強豪国との対戦が待っています。

ブラジル、ベルギーとの親善試合があるのですが、どこまで食い下がることが出来るのでしょうか?

好調である本田圭佑、香川真司、岡崎慎司を代表から外し、代わりにJリーガーの選手達を大量に招集したメンバーでどこまで渡り合えるのでしょうか?

関連記事:ハリルホジッチのサッカー日本代表の選手選考がよく理解できません。

まあ、勝つことは不可能に近いでしょうけど、拮抗した試合展開が出来れば及第ではないでしょうか?

もしくは、ハリルホジッチの化けの皮が剥がれる様を見せつけられる試合展開になるかもしれません。

結果次第では、ハリルホジッチが解任される可能性も無きにしも非ずだと思われます。

-サッカー日本代表

執筆者: