SEO

「良質なコンテンツ」が最良のSEOとか、嘘っぱちもいいところです!

投稿日:2014年7月29日 更新日:

Googleの検索エンジンは現段階、いや、これからも「良質なコンテンツ」なんて、判断できっこないです。もし、判断出来るようになってしまったら、それこそ、ターミネーターみたいな世界になってしまいますよ。

bb5bd9f7803130c7414821695e2e6ce7_s

いつも、いつも思うんですけど、Googleの検索アルゴリズムは、該当されるキーワードに対してどのような方法で検索順位を決めているんでしょうね。

まあ、わたしの頭の範囲では到底、知りようもない仕組みだと思いますし、もし、理路整然と説明できる程に理解出来たのだとしたら、今日限りでブログ公開を辞めます。

そして、当初はアベニューフィーという形でSEOコンサルタントになり、軌道に乗れば高額セミナー講師!商材販売!

…なんか、胡散臭い方向になってきました…

とりあえず、冗談はこの位にしておいて、あんまりSEOの深い知識はないですが、ざっくりと「こんな形で、キーワードに対する、検索順位は決定されているんだろうな。」

という見解を公開してみます。

スポンサードリンク


良質なコンテンツの判断なんて、検索アルゴリズムごときに出来る訳がないでしょう…

772e6c5bd00a43f1d9cff538a45d4029_s

冷静に考えてみて下さい。よく「被リンクよりも、良質なコンテンツ!」「良質なコンテンツとは人様に役立つもの」「コンテンツ・イズ・キング」

などなど、よくも考えもせず、Googleのガイドラインを鵜呑みにして、ドヤ顔でブログに公開されている方は多くいらっしゃいますよね?

まず、言っておきますけど、「良質なコンテンツ」なんて、単なる人間の主観に過ぎません。ある人には極上の価値があるけれども、ある人には塵芥な価値しかないコンテンツ。

そんなものは、いくらでもある筈です。では、大多数の人が塵芥な価値しかないコンテンツと判断したものでも、ごく少数の方には極上の価値がある!と判断したら、そのコンテンツは「良質なコンテンツ」なんです。

少し理屈っぽくなりますけど、極論を言うと、記事の文意さえ伝われば、世の中に溢れるブログは全て「良質なコンテンツ」となり得る筈です。

だから、「良質なコンテンツ」なんてものは、単なる人間の主観に過ぎません。

文章だけチェックして、これは「良質なコンテンツ」と判断するプログラムは、どうやって組み込むのでしょうか?ましてや、その検索アルゴリズムのプログラムを組み込むのは「人間」ですからね。

人によっては、たった数行の文章、例えばTwitterに記載されたものでも、心を奮わされたり、役立つ事だってあるでしょう。逆に5000文字以上で構成されたブログに対して、何にも心に響いて来ないし、役立たない物もあります。

だから、「良質なコンテンツ」など人間が判断できる筈もないし、ましてや検索アルゴリズムごときに「良質なコンテンツ」の判断なんか出来る筈がありません。文章だけをチェックしている限りは…

検索アルゴリズムが順位決定をする為の指標はドメイン・被リンク・複数キーワードがメイン!

cc27e1903874a795836355d0819b1059_s

ざっくりと切り口を入れれば、Googleの検索アルゴリズムの順位決定要因は、ドメイン・被リンク・複数キーワードがメインでしょう。

他にSNSのバズも要素に入れているようですが、微々たる要因だと思います。

上述したのは、あくまでプラス要因です。ここにGoogleが規定したマイナス要因も加味されて、検索順位は決定されるのだと思います。

サイトのドメインは、かなりの順位決定要因に影響を及ぼしているのだと思います。健全に長年に掛けて運用しているドメインの記事は、かなりSEOに強い筈です。

それに対して、新規の独自ドメインで、長年に掛けて健全に運用しているサイトと、同じキ-ワードを含む記事を公開した場合、高確率で新規の独自ドメインの記事は、検索順位で勝てる事はないでしょう。

たとえ、新規の独自ドメインの方が「良質なコンテンツ」だったとしても、検索順位では負けてしまいます。

まあ、Googleの公式ガイドラインでは、「良質なコンテンツ」を提供すれば、ドメインの運用年数は関係ないと発表しています。

ただ、それはある程度、運用実績があるドメイン同士の話であって、公開から1~3か月程度のドメインでは全然、おハナシにならない位、アクセスは獲得出来ません。それがどんなに「良質なコンテンツ」であってもです。

ちょっとややこしいのが、被リンクです。

932c366eb713a858eb236ee789ec484e_s

さて、被リンクは良くも悪くも、検索順位に影響を与える要因でしょう。被リンクが付けば検索順位が上がるかもしれないし、下がるかもしれません。

更に最悪なのが、被リンクの質によっては、Googleからペナルティを課せられ、検索順位どころの話ではなく、苦労して作成した全サイトの記事が、Googel検索に表示されなくなる可能性があります。

じゃあ、被リンクなんか気にせず、サイトを運用しよう!と考えるのも早計です。上述したように、コンピューターなんかでは「良質なコンテンツ」なんて判断できっこないので、検索順位の決定要因は、被リンクにもかなり依存している筈です。

でもねぇ…自身のサイトに被リンクを付けてもらうのは、並大抵の話ではないんですよ。仮に被リンクを付けて貰っても、リンクを送ったサイトが、Googleには悪質なサイトと目を付けられていたら、巻き添えを食らいますからね…。

では、自分で複数のサイトを作成して、メインサイトにリンクを送る、自演リンクの手法を取り入れましょうか?

この方法が、現在のGoogle検索アルゴリズム対策であるSEOとして、最善の選択だと思います。自演リンクなんて、スグにGoogleにバレるインチキな手法!と糾弾する目の澄んだ方もいらっしゃると思います。

そういう方は、一度、Googleの検索窓に「脱毛」というキーワードを打ちこんでみて下さい。

1ページ目の上位に必ず「脱毛ランキング!」みたいなサイトが表示されると思います。殆どのサイトは記事のボリュームは驚く程に少ないです。

にもかかわらず、「脱毛」という超ビッグキーワードで上位表示されているのは、間違いなく被リンクのおかげです。しかも、高確率で自演リンク…スイマセン、ナチュラルリンクでしょうね…

このように被リンクの用い方で、狙ったキーワードを上位表示させる事が可能です。もはや「良質コンテンツ」なんて、いかにズレた話かよく分かると思います。

トレンドアフィリエイターの得意技!複数キーワードでアクセス爆発!

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_s

ビック&ミドルキーワードで検索順位が決定される要因として、ユニークな複数キーワードも大きく影響されると思います。

要は組み合わせですよね。検索ユーザーは、必然性が高い程、複数キーワードで検索を行います。そんな時、話題性があるキーワード+ユニークキーワードで検索順位を大きく上げられる場合があります。

これは、よく「トレンドアフィリエイター」と言われる方々が用いるテクニックです。例えば、時事系のネタの場合、キーワードの順位変動がかなり激しいのが特徴です。

そして、話題性があるキーワードで記事を作成すれば、それなりにアクセスを集められるのが、トレンドサイト手法です。

ただ、トレンドサイトも競合が多く、単純に話題性があるキーワードだけでは、検索順位を上げる事は出来ません。では、どうするのか?

上述したように、話題性があるキーワードに「ユニークキーワード」をプラスして勝負をします。「ユニークキーワード」とは、誰も検索しないようなキーワードを示します。

このユニークキーワードを上手く使う事で、他のトレンドサイトを出し抜き、話題性があるキーワードで検索順位を大幅に上げる事が出来ます。

わたしのサイトで具体例を示します。3日前にフジテレビで27時間テレビを放映しましたよね。わたしはその事に関して記事を公開しました。

以下がそのアクセス数です。あと、その記事:フジテレビ27時間テレビ!今年も大失敗!SMAPもそろそろ限界か?

フジテレビ アクセス

約25,000PV、そこそこ爆発しました。この日はフジテレビ27時間テレビの放送2日目でしたので、放送初日を含めれば、30,000PVを超えていました。

さて、被リンクもさほどなく、ドメイン運用歴も少ないわたしのサイト記事が何故?ここまでアクセスを獲得出来たのかというと、もう、説明する必要はないですよね。ユニークキーワードを使用して記事を作成したからです。

そのユニークキーワードは、SMAP:27時間:大失敗でした。

自分の記事だから言いますが、酷い記事ですよ。コレ…。だって、録に調べもせず、「SMAPの起用が大失敗」なんて、放送開始2時間後に分かります?

実はこの記事、27時間テレビが放映してから、2時間後くらいに公開したんです。作成時間は約15分…一応、自分の名誉の為に説明しますが、他の記事は2時間くらい掛けて作成してます!

ただ、この記事だけは、昔の芸能記事を公開していた時の感と云いますか、多分、アクセスが獲得出来るだろうと思って、お試しに公開してみたんです。

案の定、膨大なアクセスが検索流入で得る事が出来ました。ただ、声を出していいたいのが、この記事のどこが「良質なコンテンツ」なんですか?

記事のタイトルに反して、27時間テレビはSMAP起用で大成功だったじゃないですか?

最後に

39198189e583587846c913ca7249c41a_s

やっぱり、Googleの検索エンジンは現段階、いや、これからも「良質なコンテンツ」なんて、判断できっこないです。もし、判断出来るようになってしまったら、それこそ、ターミネーターみたいな世界になってしまいますよ。

だから、検索順位で自分の記事、キーワードを上位表示させたかったら、長くサイトを運営するか、自演リンクを行うとか、はてなブックマークを集めるとか、トレンド記事を追っかけるとか…、そんな方法しかないでしょうね。

以上、「良質なコンテンツ」が最良のSEOとか、嘘っぱちもいいところ!というタイトルを付けた理由です。

-SEO

執筆者: