ダイエット

ブリッジができない女性は必見!2週間のトレーニングで改善できます!

投稿日:

ブリッジって出来ますか?

子供の時は出来たのに大人になったら出来なくなった…もしくはケガをしそうだからやってないし、そもそも、やる機会もない…

そんなブリッジですが、実はダイエット効果が高く、血行を改善し基礎代謝もアップさせる効果もあるのはご存知でしょうか?

でも…また、繰り返しますが、いざ試してみるとブリッジが出来ない…とお嘆きの女性も多いはずです。

子供の時は出来たのに何故、大人になるとブリッジが出来なくなっているのでしょうか?

今回はその原因と対処方法を紹介致します。

スポンサーリンク

ブリッジが出来ないのはお腹周りの柔軟性がないから。

子供の時より筋肉はついている筈なのに、なんでブリッジが出来ないの…?と思う方は多いでしょう。

大人になってブリッジが出来なくなるのは、腹筋の柔軟性が子供の時よりも不足しているからです。

皆さんお分かりかと思いますが、身体は明らかに子供の時よりも硬くなっていますよね。

開脚ストレッチは胸が床に着くどころか、脚を広げるのでさえ痛い…そんな方は多いと思います。

これは、腹筋にも当てはまりまして、ブリッジが出来ない原因の大きな理由は腹筋の柔軟性が不足しているということなんです。

ですので、お腹周りの柔軟性を高めていけば、必ずブリッジは出来る様になります。

お腹のストレッチで柔軟性を高める方法について。

まず、腹筋のストレッチからです。

これは簡単です。うつ伏せになり両手のひじでバランスを取りながら、ゆっくりと上半身を持ち上げます。

上体が逸れているとお腹の付近が伸ばせれているのがよくわかると思います。

下記、参考動画です。

お腹周りの柔軟性を高くすることでブリッジが出来る様になりますが、その他にもお腹周りの血行を改善させ、内臓の位置を整える働きもあります。

お腹周りの血行がよくなるので生理痛にお悩みの方にも、このストレッチはおすすめです。

お腹周りの柔軟性が高くなればブリッジが出来る様になる!

お腹周りの柔軟性が高くなれば、筋肉が強くなくともブリッジは出来る様になります。

最初は思ったよりも、綺麗なアーチが作れないかもしれませんが、これは正直、慣れていくしかないですね。

わたしの場合は2週間でブリッジが出来る様になりました。最初は腰回りと首が苦しかったっですが、徐々に回数を重ねるうちに楽になりました。

お腹周りの柔軟性を高めれば男女を問わず、ブリッジが出来る様になります。

ブリッジが出来る様になれば、お腹の血行が改善し、内臓の位置も整えられて基礎代謝がアップします。

そして生理痛にお悩みの方にもブリッジは効果があります。

そんなに疲れなくて手間も掛かりませんので、ぜひ、お試しになられてはいかがでしょうか?

-ダイエット

執筆者: