サッカー

ボランチがパスを効果的に出すには?ゲームメイクのコツを公開!

投稿日:

ボランチのパスの出し方で、試合の主導権争いを制する事が出来きます。

彼らが中盤の底で両サイド、縦にボールを効果的に展開することで相手チームの守備を揺さぶることが可能となり、前線の選手が思い切りよく攻められます。

そこで、今回はボランチのパスの出し方で重要な事について公開してみたいと思います。

スポンサーリンク

ボールを受けた瞬間からプレスを掛けられる事を予測しておく!

ボランチは実は、チームで最もボールテクニック要求されるポジションかもしれません。

何故かと言いますと、ボランチがボールを受ける時は相手からボールを奪った直後が多く、しかも、自陣の危険な位置でパスを貰わなければならないからです。

だから、チームとして態勢が悪い状況でも、しっかりとボールを受けて素早く的確にボールを展開していかなければなりません。

試合を通して上記のプレーを澱みなく行う為に、ボランチは意識していなければならない事があります。

まず、自陣ボール奪った後に次の攻撃プレーを考えるのではなく『守備をしながら次の攻撃展開を考えていなければなりません

相手が攻めてきている間に、いつでも味方がボールを奪う事を想定しながら、次の攻撃展開を予想して守備を行うのです。

実際に味方が低い位置でボール奪ったら、すぐにでも、味方がパスを出しやすいスペースを見つけ動き出さなければなりません。

そして、その間もスペースでボールを受けた瞬間、激しく寄せられる事も頭の片隅に入れておかなければならないのです。

だからこそ、ボランチというポジションは非常に難しく、選手のとしての力量がはっきりと出るポジションなのです。

ボールを受けた時の身体の向きに気を付ける。

ボランチが味方からボールを受ける時、最も気を付ける事は『身体の向き』です。

関連記事:ボランチのパスの受け方。センターバックと相手選手との距離が重要!

特にサイドバックからボールを受ける時は要注意。

例えば、右サイドバックからパスを貰う時に普通に受けた場合は、身体の向きは右サイドを正面としている筈です。

ボランチはボールを受けた時、すぐに激しいプレスを掛けられる事が多いので、ボールをトラップしてから身体の向きを変える事は難しいです。

右サイドを正面としてボールを受けてしまった場合、次のボランチのプレー展開は同じく、右サイドにしか行えない可能性が非常に高いです。

そうなった場合、相手チームはプレーエリアを右サイドに限定した守備を行えばよいので、ボランチはパスの出し所を探すのに苦労する事となります。

それを避ける為にはどうすればよいのでしょうか?

それは、パスをトラップした後のボールの置き方で解決する事が出来ます。

解決方法の一例として、サイドの選手からパスを貰う時は、ボールに向かって寄っていくという方法があります。

ボールに向かいながらトラップする時、ワンタッチで軽く前にボールを蹴り出せば、マーカーを振り切りながら正面を向いた姿勢でボールを受ける事が出来できます。

応用させたパターンでは、ボールに向かう動きで相手のマークを引き付け、急に反転してボールから離れる動き行って相手のマークを剥がします。

相手のマークを剥がした後、空いたスペースに動き、そこでフリーでボールを貰います。その後は余裕を持って正面に身体を向き直せます。

まだまだ、色々なパターンはありますが、動き方の工夫次第で自分に有利な態勢でボールを受ける事が可能となり、中盤の主導権争いを有利にすることが出来ます。

相手ゴールに対して正面を向いてボランチがボールを受ければ、両サイドにボールを展開出来るので相手チームを押し込むことが可能になるんです。

素早くパスを出す必要もあれば、キープをしなければならない時もある。

ボランチはボールを受けたら、素早くパスを展開する事が大切ですが、場合によってはキープをして、時間を稼がなければならない時もあるのです。

どんな場合にボランチがボールをキープしなければならないのでしょうか?

長い時間に渡り、相手の攻撃が続いていて自身のチームが疲れてきている時です。

こういう時には無理に縦パスを入れず、相手を自陣に戻らせる様に時間を稼ぎ、攻守の入れ替えを図る必要があります。

相手が自陣に戻り切っていない状況はチャンスですが、無理に縦パスを入れた結果、ボールが相手に渡り、再度、攻撃を仕掛けられることになってしまいます。

無理なパスを展開せず、少しボランチがボールキープをすれば、相手が自陣内に戻り切り、味方も相手陣内に入り切り、攻守が完全に切り替わります。

そうなれば、相手の攻撃が終了し、同時にカウンターの危険も減り、一気に最終ラインを押し上げる事が出来るのです。

経験豊富なボランチは、このあたりの見極めが非常に巧みです。元日本代表の遠藤保仁は、時間の作り方がボランチとして上手かったですね。

彼は攻守の切り替え時に大きく縦パスを出すフェイントを織り交ぜ、味方と相手の動き出しを見極めながらボールをキープするプレーをよく披露していました。

こういうボランチがチームに存在すると、相手陣内で長くプレーする事が可能となり、試合の主導権争いを制する可能性が非常に高くなります。

バルセロナのポゼッションサッカー全盛時は、シャビ・エルナンデスとアンドレス・イニエスタが速攻と遅攻のバランスを見ながら、巧みに中盤をリードしていていました。

関連記事:シャビ・エルナンデスのプレースタイルについて。

サッカーIQが高いボランチがチームに存在すれと、見違えるほど、展開するサッカーは変化するのです。

何も意識せず、ただ闇雲に無理な縦パスを展開しようとするボランチは失格である。

以上、ボランチのパスの出し方について公開しました。

-サッカー

執筆者: