サッカー

ボランチのパスの受け方。センターバックと相手選手との距離が重要!

投稿日:2015年1月11日 更新日:

遠藤

『ボランチでボールを上手く受けられない方は、相手選手との距離の取り方に問題があります』

サッカーで多分、最も難しいと思われるポジション。ボランチのボールの受け方に関して、今回は公開してみたいと思います。

日本代表では、遠藤保仁、長谷部誠、今野泰幸、細貝萌などの選手がボランチのポジションを務める選手だとイメージ出来ると思います。

ただ、上記の選手達はポジションこそ、ボランチですがプレースタイルはかなり異なります。そして、日本代表に限定をせずとも、ボランチを務める選手はかなりプレースタイルに幅があります。

ですので、ボランチとして、プレースタイルに左右されない基本的なボールの受け方について言及をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

現在のボランチは、明らかに難しいポジションになりつつある!

2013-09-14_BARCELONA-SEVILLA_02.v1379235220

サッカーのトレンドを考えると、現在のボランチは以前よりも明らかに難しいポジションになってきています。

現在のサッカートレンドは『ハイライン・ハイプレス』ですので、フォワードの選手も積極的に守備に参加し、ボランチはもとより、センターバックの選手にまでプレスが及びます。

現在は低迷し、殆ど機能しなくなっていますが、香川真司が所属するドルトムントのお家芸、ゲーゲン・プレスは欧州の強豪チームを震撼させ、同時にサッカー界に『ハイライン・ハイプレス』というトレンドを加速させました。

関連記事:香川真司が所属するドルトムントのゲーゲンプレスって何?

あまりに相手チームの前線からのプレスが激しい為、自陣からのビルドアップはボランチではなく、センターバックの選手に強く依存される様になってきています。

関連記事:チアゴ・シウバが現代のセンターバックが理想像!多様化しているその役割が理由か?

今年の年始に全国高校サッカー選手権を観ていたのですが、どのチームも『ハイライン・ハイプレス』を忠実に実行していて、かなり驚かされました。

クラブチームのユースではなく、部活サッカーにここまで『ハイライン・ハイプレス』の戦術が浸透しているのは素晴らしい事だと思います。

また、部活選手はプロ選手よりも、多分、真面目でよく走りますので、見事に機能していました。

『ハイライン・ハイプレス』は尋常ではない運動量と高い集中力が要求される守備ですので、エゴイスティックな選手は真面目に行わないんですよ。

話は逸れましたが、ボランチというポジションは以前にも増して、激しいプレスに曝されるので、ボールの受け方、キープの仕方が難しくなっているという事です。

ボランチがパスを受ける時はセンターバック、相手選手との距離を注意する事!

308312_heroa

上記の流れから説明しますが、まず、ボランチが味方からボールを受ける為に特に意識すべき事は、センターバックと相手選手との距離を注意する事です。

採用するチームの戦術にもよりますが、低い位置でゲームをビルドアップ(ボールを繋ぐ)時は、センターバックに近づかず、なるべく縦関係で距離を取る様にします。

下手にセンターバックに距離を寄せてしまうと、ボランチかセンターバックがボールを受けた時、相手選手、一人のプレスで対応する事が可能になってしまうからです。

低い位置でのビルドアップはミスが許されない為、必ず数的優位を作れるポジショニングを意識しなければなりません。

わざわざ、センターバックとの距離を詰めて、数的優位を捨てる事をしてはならないんです。

また、近くにいる相手選手との距離も、ボールを保持していない時でも距離を置く様にします。感覚では、複数の相手選手と等しく距離を保つ感じです。

ボランチがボールを受けた時、素早くプレスを掛けられますので、ボールを受ける前から、複数の相手選手との距離を等しく距離を保っておかないと、いきなり激しいプレスに遭ってしまいます。

ボールを受ける前から、センターバック、相手選手との距離を意識し、受ける時は、相手選手と相手選手の間でボールを貰う様に心掛ける事が大切です。

以上を意識していれば、1~2秒位、相手のプレスに遭わずに余裕を持って、ボールを受ける事が出来ます。

ボランチの方でボールの受け方に苦しむ方は、多分、『ボールを受ける前の距離を取る意識が足りていないか、自覚していないからだと思います』

遠藤保仁はこの『距離を取る』動きは本当に巧みです。おそらく、ボディコンタクトにあまり強くはなく、秀でたキープ力も持ち合わせてはいない。という意識を強く持っているからでしょう。

常に相手選手と相手選手との間に位置できる様に、ポジションを修正し、ボールを受ける時はあまりプレスが掛からない位置で貰える動きをしています。

最悪な状況でボールを受けてしまった場合は?

E69CACE794B0E59CADE4BD912013CLE38390E382A4E382A8E383ABE383B3E688A6E383AAE38399E383AA

上述した様に、ボランチのボールの受け方のポイントは『相手選手と距離を取る』と説明しましたが、テンポが速い試合展開によっては、そう上手くいかない場合もあります。

最も奪われてはいけない位置でボールを受け、更に激しくプレスを複数の相手選手から掛けられてしまった…という顔面蒼白になりそうな場面に遭遇する事もあるでしょう。

そういう最悪な状況でボールを受けてしまった場合は、仕方がないのでやる事は一つです。

しっかりと腰を落として、出来るだけ体を張ってボールキープを行い、味方がカバー出来る時間を稼ぐしかないです。

もう、ボールを奪われても仕方がないですが、出来る限り時間を稼いで、あわよくばファールを貰いましょう。効果的なファールの貰い方とボールのキープ方法は、下記記事をご参照下さい。

関連記事:サッカーで相手を背負ってボールを貰う時に、焦らないようにするには?

ボランチがボールを奪われる事は、チームに危機的状況をもたらします。ですので、こういう最悪な状況も想定して、ボランチのポジションの選手は体を張ったボールキープをしっかりと身に付けておきましょう。

ボランチのボールの受け方のまとめ。

ボランチのボールの受け方についてまとめます。

  • 受ける前に、複数の相手選手との距離を一定に保つ。
  • 最悪な状況では、体を使ってボールをキープ!

以上、2点を意識して下さい。細かく言えばもっとあるのですが、基本はこんなところです。ポイントはボールを受けた後ではなく、ボールを受ける前です。

多少、ボールトラップに自信が無い方でも、相手に詰められる時間を稼げれば余裕を持って、ボールを受ける事が出来ますので。

以上、ボランチのボールの受け方について公開しました。

-サッカー

執筆者: