サッカー

ハリルホジッチの戦術には全く期待できない…避けられない日本代表の弱体化。

投稿日:

hariur

ロシアワールドカップが近づいてきました。

日本代表は強化に向けて親善試合を重ねています。

彼が日本代表監督に就任してかから結果を残してきたのは相手は、格下のアジア各国しかないのが現状です。

ハリルホジッチ率いる日本代表は球際の激しさが以前の代表よりも強くなり、縦への意識が高くなっていると言われていますが、わたしには全く評価できない内容が続いています。

選手それぞれは努力していますが、監督のハリルホジッチに不満があります。

この監督の戦術のおかげで、日本代表の弱体化に歯止めが掛けられないでしょう。

単純かつ引き出しの少ない戦術、そして退屈で雑な攻撃…

ハリルホジッチは、ハイプレスからのショートカウンターを目指すサッカーを志向したいと常々、発言しています。

ただ、彼が日本代表の監督に就任してから、明らかに日本代表を弱体化させています。

従来のポゼッションサッカーを捨て、縦に速い攻撃を。と言及していますが、言い換えれば、単純に雑な縦パスを繰り返す事を選手に強いているだけです。

ボールを奪ったら、とにかく縦パス。それが無理ならサイドに展開し、ひたすらにセンタリングの一辺倒…。

スタミナを維持しながらボールをキープして、相手の守備の綻びを狙って崩す展開はハリルホジッチが監督に就任してから見る事は殆どなくなりました。

見ていて、退屈極まりないサッカー…それが、ハリルホジッチが目指す、良く分からないサッカーです。

選手にレベルアップを厳しく要求はするが…

ハリルホジッチは招集した選手に厳しくレベルアップを要求しています。

体脂肪を落とせ、筋肉を付けろ。などなど、キリがありませんね。思うんですけど、選手には質を要求する癖に、自分に対してはどうなんでしょう。

代表選手がプレーしやすい戦術、組み合わせ、采配をしているのか?

甚だ疑問が残ります。クラブチームではないんですから、自分が招集した選手にレベルアップを求めるのは、代表監督としてナンセンスです。

自分の要求に満たない選手は『呼ばなければ』いいんですからね。Jリーグは開幕しているのに、無理に合宿に招集し激しいトレーニングを強いるとか滑稽です。

関連記事:ハリルホジッチは、このままでは解任されてしまうかもしれない。

体脂肪率とか招集した選手に注文を付ける位ならば、呼ばなければいいんですよ。

自分の色を日本代表で強く出したいという願望が強く見える傲慢な監督です。大体、どこの代表監督も自分の希望に適う選手を招集できる筈がありません。

招集した選手が実力不足でも、なんとかやりくりをするもんです。それが、代表監督の仕事の筈です。

それなのに、自分の代表監督の力量を棚に上げ、選手にはレベルアップしろなどとは、怠慢もいいところです。

更には、アジア2次予選で対戦したシンガポール、カンボジアに対し、『引きこもっていては自国のサッカーは発展しない。もっと、攻撃をするべき

余計なお世話ですよね。シンガポール、カンボジアの監督は、華々しいキャリアを持つ日本代表に対し、善戦する為に必死に知恵を絞りだしているんです。

そんな事を言うのならば、ブラジル、スペイン、アルゼンチン、ドイツ相手に攻撃的なサッカーを仕掛けるのか見てみたいものです。

格下相手に攻撃の形を作れない日本代表。

ワールドカップの予選でオーストラリア代表にホームで勝利した事をかなりハリルホジッチは喜んでいました。

自身の手腕を大々的にアピールしていましたが、日本代表以上に迷走しているオーストラリア代表に勝っても評価につながりません。

今のオーストラリア代表ならば、誰が日本代表監督を務めても勝利できる相手です。

守備にひたすら奔走し、攻撃は個人の技術の依存するという、戦術も何もあったものではないサッカーを展開しただけ。

選手の個人技で勝ったに過ぎず、連携などなく、リードをしてからは各選手が好き勝手なプレーをし出すばかりで、チームの規律など皆無でした。

大体、ハリルホジッチは『デュエル』とかいう造語を勝手によく喋っていますが、攻撃に関しては全然、デュエルなんて選手は行っていないじゃないですか。

引いている相手には仕方がないですが、サイドばっかりに展開して、センタリングをさせるばかりで、中央でドリブルを仕掛けさせるとかの指示はないですよね。

デュエルって、もっと果敢にリスクを背負って、1対1を仕掛ける事じゃないんですか?

予選でも、カンボジア、アフガニスタン、シンガポール代表クラスの相手に対しては、どんどん中央からデュエルを行うべきなのに、サイドからセンタリング一辺倒…

そんな雑なサッカーを展開しているから、シンガポール代表にホームで引き分けるという不甲斐ない結果を残すんです。

強豪国相手にボロが出始めた日本代表。

先日のブラジル、ベルギーとの強豪国相手の親善試合で、やっぱりボロが出ましたね。

ひたすら守備に奔走するばかりで、ボールが全く繋がらず、攻撃の形も全く作れないという結果を残しました。

見方によっては『善戦』したと言えなくもないですが、ブラジル、ベルギーは明らかにプレーの強度を下げていました。

彼等にとっては本当に『調整試合』で、コンディションを維持する為にプレーしていた雰囲気を感じました。

格下アジア代表が日本代表相手に守備を固めて善戦する様に、日本代表もブラジル、ベルギーに対して『必死に守備を頑張っただけ』の結果だったと思います。

南アフリカワールドカップで予選を突破する事が出来た日本代表の課題は、強豪国相手に通用する攻撃力を付けていく事ではなかったのでしょうか?

守備を固めれば、世界相手に戦えるけれども勝つことは出来ない…

その課題を後任のザッケローニが強化していたのに、ハリルホジッチがまた以前の守備力だけの日本代表に戻そうとしているんです。

日本代表は口先ばかりで傲慢なこのハリルホジッチという監督を就任させてから、明らかに弱体化を一途を辿っています。

そもそも、この監督より、『欧州の最前線で戦っている岡崎慎司、吉田麻也、長友佑都、香川真司の方が、絶対にサッカーに詳しいと思うんですけどね

-サッカー

執筆者: