サッカー サッカー日本代表

岡崎慎司の活躍が凄い!日本代表がイラク代表に1-0で勝利!

投稿日:2015年1月16日 更新日:

okazaki
『岡崎慎司が非常に良かったです。前線で身体を張り、起点になった事から日本代表にいいリズムをもたらしていました』

アジアカップ、予選第2試合、日本代表は難敵であるイラク代表に1-0の僅差で勝利しました。

ただ、試合結果は僅差でしたが、試合内容は日本代表が圧倒していました。日本代表は終始、試合を支配して、イラク代表にいいプレーをさせていなかったです。

何度か決定的なシーンを日本代表は演出していましたが、ことごとく、ゴールに嫌われ、本田圭佑に至っては、3度もゴールポストに直撃するシュートを放つなど、ツキに見放されていた試合でした。

イラク代表との試合を振り返ってみたいと思います。

スポンサードリンク


左サイドの局地戦!前半、イラク代表に殆どサッカーをさせなかった日本代表!

inui

日本代表は、前半、乾貴士を中心とした再三の左サイドアタックが機能していました。

関連記事:サッカー日本代表!乾貴士のプレースタイルについて!

右サイドの本田圭佑がタイトにマークされていたので、日本代表の攻撃は左サイドを中心に展開していく事になります。

また、イラク代表のストロングポイントも左サイドだったので、このサイドの攻防が前半のハイライトでした。

日本の左サイド攻撃は乾貴士がタッチライン際、限界まで開き、インサイドハーフの香川真司はイラク代表とボランチと右サイドバックの間に、上手くポジションを取っていました。

イラク代表の右サイドバックは乾貴士のケアを十分に行っていたのですが、あまり、乾貴士との距離を狭めると、そのスペースに香川真司が入ってくるので、対応に困っていたようです。

そこに長友祐都も加わってくるので、左サイドの局地戦は完全に日本が勝利していました。

また、香川真司をマークしていたイラク代表のボランチも、香川真司がサイドに開けば、対応する為にサイドに釣り出されるので、そのスペースを岡崎慎司に上手く利用されていました。

前線から下がり、縦パスをいい形で岡崎慎司が受けて、遠藤保仁、長谷部誠が前を向いた状態でパスを受けられるようにボールを再三、戻すパターンが良かったです。

遠藤保仁、長谷部誠が前を向いた良い体制でボールを持てたので、中盤の底から面白い様に前線にパスを配球する展開になります。

パスが細かく回り、本田圭佑がペナルティエリアで倒されPKを獲得し、彼がきっちりと決め、1-0で日本代表は前半を終了させます。

後半、日本代表のアンカ―システムの弱点をイラク代表が狙う!

fat1338723681169

前半、日本代表に対して、セットプレーしか得点チャンスを見出せなかったイラク代表でした。

しかし、以前、オーストラリア代表が行った様に、アンカーの長谷部誠に対して数的有利を狙う攻撃方法を選択してきました。

関連記事:アンカーというポジションとは?アギーレ監督が採用するサッカー日本代表のシステムついて。

単発だったイラク代表の攻撃ですが、中盤で日本代表がイラク代表の中盤の選手を捕まえにくくなり、流動的な攻撃を許す様になります。

ただ、イラク代表は後半の出だしだけが、ハイライトになりました。日本代表のアギーレが状況を察知し、選手交代で素早く手を打ってきました。

またまた、クローザー今野泰幸が登場!試合の完全支配を狙う日本代表!

aa4430a01c3160502eb410651af6713e-o

アギーレはインサイドハーフの遠藤保仁を代え、今野泰幸を投入します。

この采配で、日本代表が試合の展開を支配しにかかります。今野泰幸が長谷部誠と共に、低い位置でハードワークを行う事で、イラク代表に対する守備が強固になりました。

前半と同様にしっかりと対人守備が行える様になり、イラク代表の攻撃はセットプレーしかチャンスが見出す事が出来なくなります。

日本代表の攻撃は香川真司がトップ下に入る位置になり、乾貴士と交代した清武弘嗣と共に中盤に良いリズムを作り出します。

これを契機にイラク代表はリードされている状況で、日本代表の細かいパス回しに、守備に翻弄され自陣に押し込まれた結果、後半の出だしの様な手数を掛けた攻撃が出来なくなります。

カウンターを狙っていましたが、長谷部誠、今野泰幸がコースと起点を潰していたので、殆ど効果的なパスが配給出来ていませんでした。

結局、自陣にイラク代表が押し込まれたまま、1-0で日本代表が勝利しました。多少、セットプレーでヒヤリとするシーンはありましたが、試合運びは完全に日本代表が圧倒した試合です。

香川真司の出来は可もなく、不可もなくといったところです。

38d2f19d

定番になりつつありますが、イラク代表戦の香川真司は前回のパレスチナ代表戦よりは評価されるプレーだと思います。

関連記事:ドルトムントに所属する香川真司のプレースタイルについて!

効果的な縦パスを上手く配給していましたし、人と人の間でボールを受けるポジショニング、フリーランもイラク代表の中盤に混乱をもたらしていました。

ですが、ゴール前でのパフォーマンスがまだまだ調子の良い時の香川真司ではありません。

ペナルティエリア付近で、『狙える』という香川真司のファーストタッチがイマイチ甘かったです。意志は反応しているようですが、身体と足元が付いていってなかったです。

また、決定的な前半のゴールシーンも外していました。まあ、おかげで、本田圭佑がPKを獲得する事が出来ましたが、得点力も以前よりも落ちている雰囲気です。

ただ、徐々に動きは良くなっている様に思えるので、アジアカップを通じて全盛時のフォームを取り戻して欲しいですね。

試合の総括。

岡崎慎司が非常に良かったです。前線で身体を張り、起点になった事から日本代表にいいリズムをもたらしていました。

関連記事:岡崎慎司のプレースタイルと今後の選手生活について!移籍はするのか?

裏抜けとダイビングヘッドしかない選手から、攻守に渡り試合を作る選手に成長したと思いました。…しかし、岡崎慎司はアジアカップで壊されないですかね…

パレスチナ代表戦でもそうでしたが、彼は危険なファールを貰い過ぎています。ただ、岡崎慎司が前線で身体を張っているから、日本代表の攻撃にリズムが出ているのは事実です。

審判の判定はちょっと酷いですね。かなり多くのシーンで日本代表に不利になるジャッジがされていました。今日みたいな1点が重い試合は、しっかりとしたジャッジが出来る審判を起用して欲しいです。

本田圭佑はツキがなかったですね…3回もポストに嫌われるとは…。場合によっては今日の試合はもっと大差で日本代表が勝っていたのかもしれません。

それにしても、知らなかったのですが、今野泰幸って足元は結構、上手いんですね。守備だけの泥臭い選手だと思っていましたが、細かいパスワークに参加できる技術を持っていたのは驚きました。

イラク代表に勝利したので、おそらく日本代表は予選を1位で突破するでしょう。次戦のヨルダン代表はイラク代表よりは、強くはないと思います。

今の所は順調な日本代表です。このまま、連覇に向けて上手くいくといいですね。

-サッカー, サッカー日本代表

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブラジルの歴史的敗戦の理由はチアゴシウバ選手の欠場が全て!

Contents1 チアゴ・シウバが最終ラインで他の選手を鼓舞していれば、勝てたかどうかは分かりませんが、ここまで大差を付けられた試合結果にはならなかったでしょう。1.0.1 ラインコントロールが滅茶 …

アギーレ率いる日本代表は、歴代でも屈指の強さを誇るチーム!

『本田圭佑は現在の日本代表は、過去の代表よりも強いと言及していました。わたしも同意見です。アギーレが続投して、欧州、南米の強豪と試合をするところがみたいです』 オーストラリアで開催されたアジアカップ2 …

アギーレご満悦!ホンジュラスを一蹴!強いサッカー日本代表が帰ってきました!

Contents1 サッカー日本代表がホンジュラスを蹴散らしました!1.0.1 武藤嘉紀は本当に強い!惜しかったのはシュートの少なさ!1.0.2 手が付けられない本田圭佑と様子がおかしい香川真司…1. …

アギーレは名将?見事なシステム変更で日本代表がオーストラリア代表に勝利!

Contents1 アギーレの名将か?と思わせる采配と今野泰幸が試合を決めました。1.0.1 日本代表をよく研究していたオーストラリア代表!そして、蒼ざめた長谷部誠!1.0.2 アギーレは、長谷部誠と …

クリスティアーノ・ロナウド選手の性格とプレースタイルについて!

Contents1 意外に性格はいい人なのかもしれませんね。クリスティアーノ・ロナウド選手は…1.0.1 10代の頃から、既に「規格外」だった驚異的なプレー!1.0.2 単なるウインガーからストライカ …