2014 ワールドカップ サッカー

やっぱりメッシは凄かった!アルゼンチン初戦は2-1でボスニア・ヘルツェゴビナに勝利!

投稿日:2014年6月16日 更新日:

アルゼンチンは思ったより、攻守のバランスがいいチームだと思いました。メッシ選手に依存しなくても、十分に強いチームだと思います。

4718

また、早起きしてブラジルワールドカップを観てしまいました。今日はアルゼンチンVSボスニア・ヘルツェゴビナ。

まあ、サッカーに詳しくないわたしでも、アルゼンチン勝利は試合前から確信はしていました。…が、意外にもボスニア・ヘルツェゴビナは大健闘でしたね。

ボスニア・ヘルツェゴビナの有名選手はマンチャスターシティに所属するエディン・ジェコ選手しか知らなかったんです。

ただ、流石に守備が上手な選手が多い東欧のチームだけあって、アルゼンチンとかなりいい勝負をしていました。

開始早々のオウンゴールがなければ、試合結果はどうなっていたか分かりませんでした。でも、やっぱり地力はアルゼンチンの方が上でしたかね?

アルゼンチンは少し、流し気味で試合をしていた雰囲気も感じられました。では、この試合で印象に残った事を公開してみます。

スポンサードリンク


メッシ封じが途中まで成功していたボスニア・ヘルツェゴビナの守備!

33d4210a23bef9072266265e9845144f_s

ボスニア・ヘルツェゴビナは前半まで、メッシ選手に殆ど仕事をさせていませんでした。多分、マンマーカーを付けて、前を向かせないようにしていましたね。

メッシ選手が上手くボールを持って前を向いても、必ず2人以上でチェックを掛けていました。

前半はボスニア・ヘルツェゴビナの不運なオウンゴールでアルゼンチンは加点出来ましたが、試合展開は互角、いや少しだけ、ボスニア・ヘルツェゴビナが押していたと思います。

ただ、ボスニア・ヘルツェゴビナは守備はよく組織されていて、良かったんですが、攻撃が淡白すぎました。

せっかくのチャンスを簡単に無謀なシュートをしてしまったり、味方がまだ、ペナルティエリアにいないのに無理やりセンタリングを上げてしまったり…。ちょっと日本代表の攻撃を参考にしてもらいたいです。

ただ、改めていいますが、守備から攻撃までの流れは本当に良かったんです。おかげで、メッシ選手が前半は全く目立ちませんでした。

メッシ選手のポジション変更が大当たり!アルゼンチンの大攻勢!

MESSIargentina.v1352975347

アルゼンチンは1点ですが、リードしているのに後半開始から2人も選手を変えてきました。前半までセンターフォワードのメッシ選手をサイドにポジションを変更させたんですね。

このポジション変更が大当たりでした。センターフォワードにはイグアイン選手が入り、メッシ選手が中盤の底まで、降りてくる機会が増えてきたんです。

そして、後半途中から入ってきたボランチのガゴ選手が、効果的にメッシ選手に縦パスを供給していました。

前半と違い、メッシ選手がゴールから離れてボールを貰いにいくので、ボスニア・ヘルツェゴビナ選手はマークに付けなくなっていったんですね。

当然、マークが付かないので、メッシ選手がボールを受ける時は簡単に前を向いてボールを受けてました。

そして、ここからがメッシ選手の見せ場で、ボールを受けてから無理にドリブルを仕掛けず、一度、パスを預けて、そのリターンパスを走りながら貰い、ゴールに突進するというパターンが増えてきました。

メッシ選手がフリーランからリターンパスでボールを貰う時は、ほぼトップスピードで受けていたので、ボスニア・ヘルツェゴビナ選手は完全に振り回される状態になり、そこからアルゼンチンの大攻勢が始まります。

メッシ選手がトップスピードでドリブルをしてくるので、ボスニア・ヘルツェゴビナ選手は何人も彼に引き付けられて、アルゼンチンの選手がゴール前でノーマークの状態になっていました。

フリーの選手にメッシ選手がポンポンとパスを出すものですから、ボスニア・ヘルツェゴビナは後半、完全に押し込まれてしまったんです。

結局、メッシ選手単独の驚異的なドリブル突破からのシュートでアルゼンチンが追加点を上げました。

やっぱり、メッシ選手はスゴイですね…。トップスピードでドリブルをしているのに、ボールが全く彼の足から離れないんですよ。

だから、不用意に彼のドリブルに対して、ボールを取る為に足を出すと簡単にかわされてしまうんです。

こんな形でアルゼンチンが後半で、ボスニア・ヘルツェゴビナに2点差を付けてしまいました。

日本代表の山口選手はアルゼンチンのマスチェラーノ選手を手本に!

1751821_w2

攻撃力ばっかりが目立ちがちなアルゼンチン代表ですが、カウンターを潰す守備力も凄かったです。

アルゼンチンはメッシ選手がドルブルを開始すると、それに合わせるように攻撃陣がゴール前に位置取りをするんです。ただ、今日は勝っていたせいか、結構、メッシ選手はパスミスが多かったんですね。

こういう時にパスカットされるとカウンターの餌食になるんですが、パスカットをした選手、ボールを取った選手にすかさず、アルゼンチンのボランチであるマスチェラーノ選手がチェックに行くんですよ。

彼はセンターバックの前に貼りつくばかりでなく、危険だと感じた場合はためらわずに自陣から離れて、ボールホルダーにチェックを掛けに行きます。

センターバックの前のスペースを空けるのは勇気が入りますが、彼は「後は任せた!」と言わんばかりに自陣から離れて、かなり前の方まで、守備のチェックに行きます。

日本代表の山口選手もこの点を見習ってもらいたいです。確かに後ろのセンターバック陣は頼りないですが、彼らに任せてもっと前の位置で、相手選手のチェックに行ってもらいたいです。

例えば、香川選手が中に入って攻め込んだ時、ボールを取られて、彼のいない左サイドにボールを展開された時、山口選手がすかさずチェックに行けば、日本の守備はかなり改善されると思います。

彼が相手の攻撃を遅らせれば、日本代表の最終ラインをもっと上げられると思いますし。

アルゼンチンは思ったよりバランスのいいチームだった!

c80bab5d51f76b0e92e1e0a9d2d5f31e_s

アルゼンチンは思ったより、攻守のバランスがいいチームだと思いました。攻撃はメッシ選手がいなくても、アグエロ、イグアイン、ディマリア選手がいるので、メッシ選手に依存しなくても点が取れるんですよね。

そして守備は上述した彼らがいるので、ボランチもディフェンダー陣も守備に専念すれば大抵、勝てると思います。サイドバックの選手も殆ど攻め上がりません。

だから、カウンターをされても十分に守り切るだけの人数は揃っているので、簡単には失点しないんですよね。

攻守の役割がはっきり分担されているというか…このタイプのチームはブラジルと似ているような気がします。バランスがいいんですよ。

だから、今大会のアルゼンチンはかなり勝ち上がれるのではないか?と思った次第です。

そして、何といってもメッシ選手がいるのが大きいですよね。彼は大舞台や勝負どころには滅法強いので、ここぞ!という所では頼りになる選手ですから。

-2014 ワールドカップ, サッカー

執筆者: