サッカー サッカー日本代表

アギーレ率いる日本代表は、歴代でも屈指の強さを誇るチーム!

投稿日:2015年1月26日 更新日:

????????

『本田圭佑は現在の日本代表は、過去の代表よりも強いと言及していました。わたしも同意見です。アギーレが続投して、欧州、南米の強豪と試合をするところがみたいです』

オーストラリアで開催されたアジアカップ2015で、日本代表はUAEにPK戦で敗れました。

結局、ベスト8で敗退という、前評判から考えれば、信じられない成績で日本代表はアジアカップを去る事になりました。

ただ、わたしが思うに、アギーレ監督率いる日本代表は歴代でも屈指の強さを誇るチームだったと思っています。

ほんの僅かなイレギュラーで、サッカーというスポーツはどれほど強いチームでも、敗れる可能性はあるのです。

今回はアギーレ率いるアジアカップで戦った日本代表に対する感想などを公開したいと思います。

スポンサードリンク


敗退したUAE戦について、簡単に振り返ると…

38d2f19d

UAE戦での日本代表は圧倒的に試合を有利に展開していましたが、序盤に取られてしまった1点が大き過ぎました。

以前から、日本代表の不安要素とされていたセンターバックとゴールキーパーの脆弱性が露呈してしまった事が不運でした。

特に前回のアジアカップでも、大いに足を引っ張った吉田麻也が今大会のUAE戦でも、見事に日本代表の敗因の要素になりうるミスを仕出かしています。

グループステージで対戦国と圧倒的優位で試合を運べた為か、UAEに対しても、序盤、油断したのか、緩慢な吉田麻也のカバーリングミスから失点を許したのは、本当に痛恨でした。

吉田麻也は技術面で言えば、ゾーンディフェンスは及第なのですが、対人守備、カバーリングはいつまでたっても成長していません。

それ以上に精神面の問題も酷く、偶に相手選手のマークを離してしまう集中力の欠如が本当に問題です。

彼を起用し続ける為には、リーダ―シップが高く、吉田麻也を上手く『使う』センターバックの選手と組ませないと怖すぎます。

失点を許してからの日本代表は、まだ、前半が始まったばかりなのに、目に見えて『焦り』が感じられました。攻撃は縦に急ぎ過ぎで、単調なプレーが目立っていました。

過密日程からコンディションが不十分だった事が悪影響したのか、ゴール前で守備を固めるUAEに手数を掛けない淡白な攻撃が続いたのが残念です。

こういう展開を変えられそうな遠藤保仁が、何の対策も打てなかった事に首を傾げます。

時間は十分にあったので、サイドばかりではなく、じっくりと中央から攻め込む攻撃を選択しても良かったのではと強く思った前半でした。

後半は、前半以上に日本代表がUAEを押し込み、一方的な試合運びになりましたが、岡崎慎司の怪我、そして、日本代表の選手が悉く決定機を外してしまう事が痛かったです。

交代で入った、武藤嘉紀、豊田陽平もゴール前でフリーな状態でのシュートを外していました。

遠藤保仁と交代した柴崎岳が同点ゴールを決めた時、試合の勢いを考えると、日本代表の勝利は目前でしたが、長友祐都の負傷も響き、結局、試合を決めきれず、PK戦で敗れました。

最後にPKを外した香川真司がかなり非難されていますが、これは仕方がないと思います。

彼はPKだけでなく、試合を通じて、日本代表を牽引する10番にふさわしい満足なパフォーマンスを披露できず、PKも『6人目』というありえない順番。

日本代表のエースナンバーを背負う選手が『6人目』のキッカーという状況がおかしいですし、更にゴールを外してしまった事は大いに責められるべきだと思います。

本当に香川真司には失望しました。以前の土壇場での勝負強い彼は何処に行ってしまったんでしょうか?本来ならば、本田圭佑を押しのけ、PKを真っ先に蹴るべき選手なのに…

彼の不調?は多分、精神面に由来しているのではないのか?と思わざるを得ないです。

関連記事:ドルトムントに所属する香川真司のプレースタイルについて!

アギーレの采配は限りなく最善だった。

35db6fcd10ff0ab08a1038d53e4f0d36_s

敗れはしましたが、アギーレのアジアカップでの采配は限りなく、最善でした。

的確な選手交代、試合の流れを読む采配は歴代の日本代表監督でも、1.2位を争う名監督だと思います。

試合日程を考慮して、グループリーグでは控え選手をもっと起用すべき。という声も大きかったですが、残念ながら、安心して起用できる選手が存在しなかったのだと思います。

アジアカップ前に開催され、ブラジルに惨敗したキリンチャレンジカップでの試合から、ザッケローニ時代の中軸選手以外は、正直、信頼が置けなかったのでしょうね。

チームの勝利の為に、やり繰りをするという点では、スタメンを変化させるのはあまりにも抵抗があったのでしょう。

グループステージ最後の試合、ヨルダン戦でも結果次第ではベスト8に入れない…という状況では、スタメンを休ませるという選択肢は厳しいと思います。

ましてや、八百長疑惑で足元が危ういアギーレにとって、グループステージ敗退などという結果は、到底、受け入れる事は出来ない筈です。

今回のアジアカップでのアギーレが選ぶべき選択肢は相当、少なかった筈です。結果はベスト8敗退ですが、勝敗は彼だけの責任ではなく、選手も負っています。

そういう意味では、アギーレは監督として日本代表に対する、アジアカップでの采配は最善だったとわたしは思います。

彼を更迭しろという意見が多いですが、彼クラスの監督を見つけるのは大変ですよ。

それなりの実績、名声を持つ監督は日本代表の監督など引き受けないでしょうし、引き受けさせる程の年俸も、ケチな日本サッカー協会は捻出しないでしょう。

日本人監督も岡田監督の例があるので、積極的に代表監督になろうと思う人はいないでしょうから。

関連記事:八百長疑惑でアギーレ解任?サッカー日本代表監督の後任は?

4-3-3という布陣は『守備』という観点から見れば、いい布陣だった。

49829fe2bd3102d691297e73fc861aaf_s

アギーレが就任当初から採用した4-3-3という布陣は、慣れ親しんでいない日本代表にとっては懸念を抱かせるものでしたが、アジアカップでの試合を通じてみるといい布陣でした。

両ウイングがタッチライン際まで開き、サイドを起点に攻撃を展開する戦術の狙いは、『失点』を限りなく防ぐという観点からの戦術だったという事が分かります。

攻撃時にボールを奪われる時は、なるべく『中央』よりも『サイド』で奪われる方が、失点のリスクが減ります。

また、選手の位置も比較的、固定されていたので、ボールを奪われた後、素早くゾーンディフェンスに移行できていたという事も『失点』をしないという面で見れば、効果的でした。

アンカーに配置された長谷部誠は、攻撃時はあまり参加せずに、常に、ボールを奪われた後、カウンターの起点になる選手をチェックする事を意識していた事も素晴らしかったです。

手数を掛け、細かく攻めがちな日本代表は、奪われてからのカウンターに弱かったのですが、長谷部誠がカウンターの起点になる選手に前を向かせず、潰していたのは見事です。

ザッケローニ時代では、持ちえなかったカウンター対策が的確に機能していました。

アギーレという監督は、リーガ・エスパニョーラでオサスナという中堅クラブをチャンピオンズリーグに導いた実績は伊達ではなく、『守備』に関する見識と采配は本物でした。

日本代表に対して、『守備』に関する構築はかなり浸透させていたので、わたし個人の意見では、このままアギーレに日本代表を任せた方がいいと思います。

ただ、『攻撃』に関しては、まだ、選手任せな面と単調なクロスに依存している様なので、もし、続投するのであれば、彼が考える攻撃方法を見てみたいと思います。

本田圭佑も現在の日本代表は、過去の代表よりも強いと言及していました。わたしも同意見です。出来れば、アギーレが続投して、欧州、南米の強豪と試合をするところがみたいです。

以上、アギーレ率いる日本代表は歴代でも屈指の強さだと思う感想でした。

-サッカー, サッカー日本代表

執筆者: