サッカー サッカー日本代表

アギーレは名将?見事なシステム変更で日本代表がオーストラリア代表に勝利!

投稿日:2014年11月18日 更新日:

アギーレの名将か?と思わせる采配と今野泰幸が試合を決めました。

????????

サッカー日本代表の親善試合、因縁のライバル、オーストラリアに2-1で競り勝ちました。

今日の勝因は、日本代表の監督であるアギーレの采配とブラジルワールドカップで足を引っ張った今野泰幸の2人でした。

関連記事:日本代表…コロンビアに完敗…試合を壊した今野選手の痛恨のPK…

意外な2人が試合を決めた内容でしたね。ただ、流石にオーストラリア代表は簡単には勝たせてくれないチームです。

終盤、歴代の日本代表から、得点を大量にもぎ取ってきた大ベテランケーヒル選手に一矢、報いられてしまいました。

もう少し、早くにケーヒルが投入されていたら、試合の勝敗は分からなかったかもしれません。

何か、アジアカップまで緒を引きそうなケーヒルのゴールでした。それまでは、完璧な試合運びを日本代表が行っていたので、終盤で失点を許したのは残念でした。

さて、本試合に関して、もう少し細かく振り返ってみたいと思います。

スポンサードリンク


日本代表をよく研究していたオーストラリア代表!そして、蒼ざめた長谷部誠!

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s

フジテレビの解説を務めた、清水秀彦さんと宮本恒靖さんは見事な実況をしていました。試合内容に対する解説は非常に共感できます。

彼等も説明していましたが、オーストラリア代表は日本代表の基本フォーメーションである4-3-3をよく研究していました。

オーストラリア代表はディフェンスラインをかなり高くし、前線から激しいプレスを日本代表に掛けてきました。

更に攻撃では、徹底的にアンカーのポジションを務める長谷部誠を数的不利に陥れて、彼の守備対応を非常に苦労させていたと思います。

4-3-3のアンカーのポジションは、バイタルエリアを1人でケアしなければなりません。そこで、オーストラリア代表は長谷部誠に対して、常時、2対1になるようなポジショニングを取ってきました。

結果、数的不利になってしまう長谷部誠をカバーする為に、インサイドハーフの遠藤保仁、香川真司だけではなく、最前線の本田圭佑までバイタルエリアのカバーに戻らさせていました。

最前線の本田圭佑、武藤嘉紀も自陣深くまで戻って来ていたので、前半は圧倒的にオーストラリア代表に押し込まれていたんですね。

日本代表は全く、前線までボールが運ぶ事が出来ず、岡崎慎司の飛び出しに対するロングボールを放るしか攻撃手段がありませんでした。

アギーレは、長谷部誠と遠藤保仁のダブルボランチにシステムを修正!

49829fe2bd3102d691297e73fc861aaf_s

オーストラリア代表に押し込まれる状況を見て、アギーレは黙って観てはいませんでした。

長谷部誠に対する数的不利を補う為に、インサイドハーフの遠藤保仁を一列下げて、ダブルボランチにシステムを修正したんです。

結果、守備時において長谷部誠の数的不利が改善し、ゾーン(エリア)を守る守備ではなく、対人守備が可能になりました。

ここで、日本代表の攻守におけるバランスは一気に解消します。自陣に人が揃う様になったので、本田圭佑、武藤嘉紀が徐々に前線に上る様になりました。

クローザー今野泰幸の登場で、勝負の振り子はゆっくり日本代表に揺れ始める!

aa4430a01c3160502eb410651af6713e-o

後半に入り、日本代表は遠藤保仁よりも、対人守備に強く、守備意識が高い今野泰幸を投入してきました。

正直、この采配で日本代表の勝敗は決まってしまった印象を受けました。

遠藤保仁よりも守備に強い、今野泰幸が中盤の底に入った事で、他の選手はより前に攻撃を仕掛ける意識が強くなり、前半とは逆にオーストラリア代表を日本代表が押し込み始めました。

長谷部誠は後半、凄くラクになったと思います。守備のタスクを今野泰幸が力強く担っていたので、彼もタイミングよく前線に顔を出す様になります。

そして、守備だけではなく、待望の先制点を本田圭佑のコーナ―キックから今野泰幸が決めてしまいました。

本当の意味で、今野泰幸は今回のオーストラリア代表との試合を決めちゃったんですね。

また、オーストラリア代表は前半、激しいプレスを仕掛けた為、後半当初から疲れが見えたのも勝敗に影響していたと思います。

攻守において足が止まり、攻撃時は日本代表がバイタルエリアをしっかりブロックしていたので、縦パスが全く入らなくなりました。

結果、苦し紛れのロングパス、単純なミスで益々、日本代表に押し込まれていきます。

相変わらず、存在感が殆どない香川真司…

38d2f19d

前回のホンジュラス戦でもそうでしたが、どうも香川真司に存在感がありません。

選手としての実績は本田圭佑よりも上なのですが、日本代表の主役は間違いなく本田圭佑です。

香川真司のプレースタイルを考えると、もっと本田圭佑と連携を見せて、日本代表の10番としての存在感を出せる筈なのですが…

関連記事:ドルトムントに復帰した香川真司のプレースタイルについて!

攻撃で存在感があったのは、後半、武藤嘉紀と交代した乾貴士の方でした。再三、サイドから積極的に攻撃を仕掛けていました。

反面、インサイドハーフから本職のトップ下にポジションを移した香川真司は、酷いミスはありませんでしたが、際立ったプレーもありませんでした。

何て言うんですかね…縦への推進力を香川真司は失ってしまった様な気がします。

何年か前の香川真司ならば、バイタルエリアでボールを受けたら、強引にペナルティエリアに侵入を試みるプレーを何度も仕掛ける怖い選手だったんです。

悪い意味で「ミスが少ない」選手になってしまったのですかね?苦しい位置でのボールキープ、展開力はミスが少なく素晴らしいのですが、反面、ミスをしてでも強引なプレーを選択する事が減ってしまったのだと思います。

バイタルエリアの近くでボールを受けさせたら、その怖さは世界トップレベルだと思うんですけどね。

何が彼を変えてしまったのでしょう。無難なプレーに終始する香川真司も優秀ですが、強引に仕掛ける香川真司は本当に怖い選手でした。

最後の失点がちょっと残念…気を抜いてしまった日本代表…

12065b151551443880b2293f20bfd3a4

オーストラリア代表との試合の後半は、完全に日本代表が支配していました。

完全に格下、実力差を見せつけたと思ったのですが、試合終了間際、ちょっと気を抜いて、ケーヒルの得点を許したのは頂けません。

おかげで、この得点を契機にオーストラリア代表が息を吹き返し、残り時間がもう少しあったら、試合展開はどうなるか分からなかったです。

今日、完璧に叩いておけば、アジアカップで多分、日本代表の連覇に立ちはだかるオーストラリア代表に対して、優位に戦える状況だったと思うのですが、それをみすみす逃してしまった様な気がします。

一方的な内容が、「好ゲーム」に昇華してしまったんですね…残念です。

しかし、森重真人は本当に本職はセンターバックなんですかね…?あのドリブルの上手さは何なのでしょう…日本代表の中で、彼が最もドリブルが上手いんじゃないですか?

以上、サッカー日本代表とオーストラリア代表の感想でした。

-サッカー, サッカー日本代表

執筆者: