サッカー サッカー日本代表

アギーレ監督率いる日本代表…ウルグアイに惨敗…完封負け…

投稿日:2014年9月5日 更新日:

アギーレ監督が率いる日本代表はウルグアイ代表に負けちゃいました…。

79e5bc4a03f976ae3d2b97b1391f2801_s

正直、試合見ていたら眠くて、眠くて…。

アギーレ監督は日本代表のメンバーを大幅に入れ替えて、ウルグアイ代表との初戦に臨みました。

ただ、試合内容は凡庸で退屈…しかも、センターバックのサガン鳥栖に所属する坂井達弥の流石、Jリーガー!と揶揄される、情けないトラップミスにより、カバーニに先制点を奪われました。

試合展開は全くボールが中盤で繋がらず、精度の低いロングボール主体とした攻撃しかみられませんでした。

まあ、ウルグアイの中盤の守備の寄せが早かったとはいえ、殆ど中盤での効果的なパス回しを日本代表はさせて貰えなかったのは仕方ないですね。急造メンバーでしたし…

しかし、退屈な試合内容…。カバーニ選手も後半に入り、さっさと交代してしまいました。

スポンサードリンク


日本代表でよかったのは、相変わらず本田圭祐だけ…

e1aa724cebbd5216f686f30a39a09daa968f1fe21401321729

日本代表はやっぱり、本田圭祐のチームですね。彼がいないと攻撃というか試合になりません。

彼はACミランと同じように、4-3-3の布陣で右サイドハーフを務めていましたが、あまりにも中盤でボールが繋がらないので、彼が中盤に下がり、ゲームを組み立てていました。

中盤は田中順也、細貝萌、森重真人の3人で構成され、明らかにアギーレ色が強い、守備的布陣でした。

…田中順也と細貝萌では、効果的なパス回しは出来ないでしょう…。まあ、初戦で香川真司もいないので、仕方ない起用だったのかもしれませんが…

ただ、森重真人のアンカーは非常に効いていました。ウルグアイの攻撃の先の先を読んだ的確なポジショニングは素晴らしかったです。

今後も4バックの前で、アンカーとして彼を起用して欲しいですね。

後、センターフォワードの皆川祐介もよかったです。アトレティコ・マドリードのセンターバック ゴディン選手とのマッチアップで負けていませんでした。

彼も今後、要注目の選手だと思います。

何故、酒井宏樹がいつも日本代表に招集されるのか…?

E98592E4BA95E5AE8FE6A8B92013E7ACAC3E7AF80E382B8E383A3E383B3E38397

今回の試合で内田篤人に代わり、右サイドバックは酒井宏樹が務めましたが、他にもいい選手がいるでしょ…といつも思っています。

わたしは、酒井宏樹を全然、いい選手だとは思いません。サッカーIQは著しく低く、守備もあんな体格をしているのに、全く相手に体を寄せずにリトリートするばかり…

ジャニーズのタレントのようなルックスの内田篤人の方が、よっぽど守備に関して、何枚も上であり、ファイターですよね。線も細いのに…。

関連記事:容姿端麗!でも彼女の噂が殆ど立たない内田篤人のプレースタイルについて!

酒井宏樹はあんな野性的な体格と容姿の癖して、相手に体を寄せずにズルズルとラインを下げる癖を持っています。

しかも、今回の試合の痛恨のクリアミスはプロ選手として、資質を疑います。なんで、ペナルティエリア内で中に向かってクリアするの…?しかも、ヘディング…

攻撃もポジショニングが悪くて、本田圭祐を全くフォロー出来ないし、彼が所属するブンデスリーグのハノーファーでスタメンを確保しているのは、不思議で仕方ありません。

よっぽど、ハノーファーは右サイドバックに人材がいないんでしょうね。

アギーレ監督もあの体格に惑わされたんでしょうか?同じ酒井なら、豪徳の方を起用しておけばよかったのに…彼は右サイドも出来ますから。

アギーレ監督の日本代表での采配は…?

8543fb61f2b209b365b2fd842a5cb510_s

正直、なんとも言えません…。起用すべき選手も手探りで、主力選手も事情で招集出来なかった事を考えると、采配の評価は出来ないでしょう。

ただ、守備を重視したいという狙いは伝わってきました。森重真人のアンカー起用など、その側面が分かりましたね。

まあ、初戦ですし、世界のクラブリーグが開幕したばかりで、選手のコンディションも良好とは言えないでしょう。

また、今回の試合後の公開練習では、日本代表が攻撃時に簡単にバックパスを選択する事。ディフェンスラインを容易にズルズル下げる事を叱責したようですね。

日本代表の最大の弱点というか悪い癖をよく見抜いています。特にディフェンスラインを簡単に下げる癖は、何度も注意をしたとの事です。

中々、分かっているじゃないですか!(エラそうでスイマセン)Jリーグの守備の基本はリトリートですし、吉田麻也がいるサウサンプトンもリトリートが基本ですからね。

リトリートとは、攻撃から守備に切り替わった時、とりあえず自陣深くに戻り、そこから守備を開始する戦術をリトリートと言います。

リトリートの反対はフォアチェックです。攻撃から守備に切り替わった時、自陣に戻らず、その場所から積極的にボールを奪いに行く戦術をフォアチェックといいます。

因みに香川真司が所属するボルシアドルトムントは、守備戦術はフォアチェックを採用していて、彼らはこの戦術をゲーゲン・プレスと呼んでいます。

Jリーガーと吉田麻也でメイン構成されている、日本代表のセンターバック陣がズルズルラインを下げるのは、理解出来る話です。

ただ、アギーレ監督はリトリートを好んでいない様ですね。堅守速攻と言っても、リトリートだけが堅守速攻ではありませんから。

ある意味、ボルシアドルトムントのゲーゲン・プレスも堅守速攻です。

日本代表の今後の試合に期待したいですね。

-サッカー, サッカー日本代表

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やっぱりメッシは凄かった!アルゼンチン初戦は2-1でボスニア・ヘルツェゴビナに勝利!

Contents1 アルゼンチンは思ったより、攻守のバランスがいいチームだと思いました。メッシ選手に依存しなくても、十分に強いチームだと思います。1.0.1 メッシ封じが途中まで成功していたボスニア・ …

中田英寿の様なフィジカルの強さがないから、最近の日本人選手は海外で通用しない…

『中田英寿の様なサッカー選手を日本サッカー界はモデルにして、育成して貰いたいですね』 現在は引退していますが、元日本代表である中田英寿は、歴代の代表選手の中でも、1.2位を争う程にフィジカルコンタクト …

モイーズは無能ではない?チーム再建監督としては優秀!

Contents1 モイーズのサッカーがリーガ・エスパニョーラで通用するのでしょうか?1.0.1 あんまりナメちゃいけない、モイーズの監督実績!降格圏チームを悉く再建!1.0.2 負けないサッカーとい …

スペイン惨敗の理由…セルヒオ・ラモスとピケは仲が悪いの?

Contents1 センターバックというポジションはセンターを守るから、センターバックなんですよね?セルヒオ・ラモス、ピケ選手はちゃんと話し合いをしているのでしょうか?1.0.1 オランダのお家芸の3 …

ファンファールの誤算…プレミアリーグで3バックは無謀…

Contents1 ファンファール監督にとって、DF陣の補強が思う様に進まなかった事は大きな誤算だったと思います。1.0.1 サイドアタック中心のプレミアリーグで、3バックは絶好のカモ!1.0.2 想 …