サッカー サッカー日本代表

サッカー日本代表は4-4-2の布陣で成功するのか?

投稿日:2015年1月4日 更新日:

E69CACE794B02013E38399E383ABE382AEE383BCE688A6E382B4E383BCE383AB
『サッカー日本代表は、どのような状況で4-4-2を採用するのか?気になりますよね』

アギーレ率いるサッカー日本代表は、現在、アジア杯に向けて練習を続けています。

今まで4-3-3の布陣にこだわってきたアギーレが、ここにきて4-4-2の布陣をテストし始めています。

サッカー日本代表と4-4-2という布陣はしばらく馴染みがありませんでした。そして、最近のサッカートレンドを考えると、逆行するような布陣です。

今回はサッカー日本代表が取り入れようとしている4-4-2の布陣について公開してみたいと思います。

スポンサードリンク


日本代表が取り入れようとしているのは、クラシカルな4-4-2!

33d4210a23bef9072266265e9845144f_s

アギーレがテストしているのは、クラシカルな4-4-2です。

4-4-2という布陣のバリエーションは中盤の4人の配置です。パターンとして、ダイヤモンド型、ボックス型、フラット型と基本的に3種類あります。

今回、日本代表が取り入れようとしているのは、フラット型の4-4-2でクラシカルな布陣ですね。プレミアリーグの下位チームが好む布陣です。

フラット型の4-4-2というのは、4人の中盤でセンターの2人が横並びになるのが基本です。同時にこの布陣の勝敗のカギは、このセンター2人に懸っているといっても過言ではありません。

4-4-2のフラット型のタイプの布陣で、センターハーフの2人が強力な選手ならば、チーム力は劇的に上がります。反面、センターハーフの2人が頼りないと、チーム力は激減します。

この布陣は『センターハーフの長所を前面に押し出すのが特色』ですね。個々のメンバーが他のチームよりも劣っていても、センターハーフがしっかりしていれば、その弱点をごまかす事が出来ます。

例えば、ヤヤ・トゥーレ、ポール・ポグバみたいな攻守両面に強力な選手が存在すれば、是非、取り入れたいフォーメーションです。

フラット型4-4-2のセンターハーフの役割は?

452769087-500x340

正直、この4-4-2のフラット型でセンターハーフを任せられる日本代表選手が存在するのか?ちょっと気になるところです。

現在、アギーレが構成する4-4-2のセンターハーフは香川真司、遠藤保仁がファーストチョイスの様ですね。

さて、ここで4-4-2フラット型のセンターハーフの役割について説明したいと思います。

攻撃面の役割

  • センターバックと協力し、低い位置でビルドアップを行う。
  • 球離れを極力、速くし、サイドと前線にボールを供給する。
  • セカンドボールを奪取する、ロングシュートを積極的に狙う。

守備面の役割

  • カウンターの起点になる相手選手をチェックする。
  • 中盤で相手選手に対し、ボールを受けた時、前に向かせない。
  • 最終ラインでセンターバックと協力し、ブロックを形成する。

ざっくりですが、以上が4-4-2フラット型のセンターハーフの基本的役割です。

簡潔にまとめましたが、上記事項を全て実行するともなると、運動量が必要以上に要求される事になります。

攻撃は相手ペナルティエリア近辺まで、守備は味方の最終ライン近辺まで動かねばなりません。この一連のセンターハーフの動きは『Box to Box』とも呼ばれています。

攻めて良し、守って良しのオールラウンダーなサッカー選手の資質が高い水準で要求されます。

日本代表の香川真司、遠藤保仁はどうでしょうかね…?どちらも、センターハーフというタイプの選手でもない様に思えます。横よりも彼等は縦関係の方が適正に合っていそうですが…

ちなみにJリーグにも、海外で活躍する選手でも、国際試合のレベルでも通用するセンターハーフの適正がありそうなのは、本田圭佑だけの様な気がしますが…

攻撃方法はカウンター主体のサイドアタックが基本!

IMGP8932

基本的に4-4-2フラット型の攻撃方法はカウンター主体のサイドアタックが基本になります。中央に位置するセンターハーフを経由し、サイドからサイドへボールが展開します。

そしてサイドからのセンタリングからゴールを狙い、弾き返されたら、そのボールをセンターハーフが奪取し、ロングシュートを狙うのが主流ですね。

なるべく手数を掛けず、プレスが緩いサイドから相手陣内に攻め込んでいきます。

ボールの展開はサイド中心なので、相手にボールを奪われても、中央ではなくサイドで奪われるケースが多いので、危険なカウンターを仕掛けられる可能性は低くなります。

また、比較的、ポジションが流動的に変化するという事はなく、攻撃の時でも自分のゾーンを中心に攻撃を仕掛けます。

結果、あまり選手が動かないので、守備のブロックを形成する事が楽になります。短時間で自分のポジションに戻り、ゾーンディフェンスに移行できるという強みがあります。

日本代表が4-4-2を採用する場合、豊田陽平にボールが収まるかがポイント。

E8B18AE794B0E382A2E382B9E383AAE383BCE38388E381AEE9AD8201

日本代表が4-4-2を採用する場合、とりあえず、攻撃時はフォワードの豊田陽平にボールがよく収まるかがポイントになります。

味方がまず、ボールを奪った時、出来るだけ最前線にいる選手に素早く縦パスが送れないと、何時まで経っても、相手に押し込まれる苦しい展開になります。

それは、相手陣内の深くにボールを展開しないと、敵選手が自陣に戻ってくれないからです。

日本代表の4-4-2の場合、センターエリアの守備は香川真司と遠藤保仁では頼りないので、出来るだけ長い時間、押し込まれる状況は避けたいところです。

最前線に縦パスを送る時、受け手となるターゲットマンの動きが重要になります。おそらく、ポストプレーが上手い豊田陽平がターゲットマンになる筈なので、縦パスを彼に収める事が攻守切り替えの最優先になります。

縦パスが上手く収まった時、豊田陽平は出来れば香川真司、もしくは遠藤保仁が「前を向いた状態」で、パスを受けられる様にボールを彼等に戻す事が重要になります。

センターハーフの選手が前を向いた状況で、ボールを受けられる機会は少ないです。大抵は相手選手のマークにより「前を向いた状態」でパスを受けられる事はありませんので。

「前を向いた状態」で香川真司、もしくは遠藤保仁が豊田陽平からパスを受けたら、もう一人のフォワードである岡崎慎司は得意の裏抜けを狙います。

岡崎慎司の裏抜けに釣られて、相手の最終ラインが下がり、更に相手ディフェンダーは中央に集まりますので、相手陣内の両サイドにスペースが空きます。

一発で岡崎慎司の裏抜けにパスを出してもいいのですが、スペースが空いているサイドにボールを送るのも良い選択肢だと思います。

そこから、サイドにボールを展開し、サイドから攻撃を組み立てるのが日本代表の4-4-2の攻撃方法の基本型になるのではないでしょうか?

4-4-2は引き出しの一つ。メインはやっぱり4-3-3?

4567

アギーレは4-4-2は戦術の引き出しの一つとして考えているのではないでしょうか?

メインの戦術は4-3-3のアンカーシステムだと思います。アジア杯も基本はこのシステムで臨むのだと思います。

関連記事:アンカーというポジションとは?アギーレ監督が採用するサッカー日本代表のシステムついて。

問題はどのような状況で4-4-2を採用するのか?ですよね。得点上、逃げ切りたい時に採用するのか?それとも、失点覚悟のリスクを負って攻撃する時に採用するのか?

先日のオーストラリア戦では、見事な采配を披露したアギーレの手腕が期待できます。

関連記事:アギーレは名将?見事なシステム変更で日本代表がオーストラリア代表に勝利!

以上、サッカー日本代表と4-4-2の戦術について公開してみました。

-サッカー, サッカー日本代表

執筆者: