体脂肪

40代になると太りやすくなる原因について。何故、体脂肪がつきやすくなるのか?

投稿日:2016年11月19日 更新日:

79e5bc4a03f976ae3d2b97b1391f2801_s

40代になってから急に太りやすくなってきた…

とお嘆きになる方は多いかと思います。おなか回りが結構、気になり始めてダイエットを始める方も多いでしょう。

何故、40代になると急に太りやすくなるのか?その原因について公開してみたいと思います。

ダイエットとは無縁だった方も太りやすくなる40代…

0a1314a841d890e1317d69c66510a80f_s

若いころからダイエットは無縁だった方も、40代に入ってからお腹がぽっこりと出始めてきている…という方も多い様です。

食事をしても太らない体質だと思っていたけれども、ダイエットの必要があるようだ…と気づき始めるのが40代という事はよくある話です。

勿論、元々、太り気味だった方や普通に運動をしている方でも、体脂肪率が上がってしまう傾向があります。

加齢と共に体質が変化し始めているので、身体の管理は気をつけなければなりませんね。

基礎代謝が下がってくる40代…

e2e757ad357810c5da81016592bd6580_s

40代に入り太りやすくなる主な原因は、やはり、基礎代謝の低下です。

基礎代謝は1日で消費されるカロリーの約7割を占めていますので、基礎代謝が下がれば太りやすくなるというのは簡単な話です。

生活や仕事で消費されるカロリーは3割程度なので、飲食の割合が20~30代とほとんど変わりがなければ、徐々に太ってくるのは当たり前ですよね。

念のため、基礎代謝とは何か説明をします。

基礎代謝とは人間の生命活動を維持するために使用されるエネルギーの事で、心臓の鼓動、内臓活動、呼吸など、寝ていたとしても消費されるカロリーの事です。

この基礎代謝が40代になると下がる傾向にあるので、1日の消費カロリーが減り、太りやすくなるという事ですね。

ホルモンバラスが乱れるのも太る原因の一つ。

b65ef77c177b65c320703f719a8a3f55_s

これは男性にも言える話なのですが、40代になるとホルモンバランスが乱れやすくなります。

酷い場合は更年期障害になったりもします。

身体のホルモンバランスが乱れてしまうと、内臓脂肪が溜まりやすくなったりする弊害があるのです。

女性ホルモンのエストロゲンは、脂肪を分解する働きがあるといわれており、エストロゲンの分泌量が減ってしまうと内臓脂肪が分解しにくくなります。

女性ホルモンのエストロゲンは、男性でも分泌されます。ただ、男性の場合もホルモンバランスが乱れエストロゲンの分泌量に変化が生じると身体に影響を及ぼします。

ホルモンバランスに乱れを感じる場合、うつ症状、物忘れ、不眠、気分の落ち込みなど製紙的な要素で実感する場合が多いようです。

筋肉量の低下により、太りやすくなってしまう。

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s

40代を迎えるころになると、普段、あまり運動をされていない方は筋肉量がグッと低下しやすくなります。

40代前では考えられなかった疲労感も覚えやすくなります。

少し階段を駆け足で上っただけで、ふくらはぎがパンパン…少し重いものを持った翌日には筋肉痛…という現象が頻繁に起こる様になってきます。

運動を普段から心がけていないと、どんどん使っていない筋肉が落ちるのが40代です。

筋肉量が落ちれば、もちろん、身体の消費カロリーが減るのは当たり前ですので、太りやすくなってしまうんですね。

身体の筋肉量を落とさないように、多少でも運動の習慣を身に着けて、食事もタンパク質が多い食品を多めに摂取する事で筋肉量の低下を予防する事が出来ます。

太ってきているからという事で、食事量を控えめにするとタンパク質の摂取をおろそかにしがちです。

ですが、筋肉量が落ちやすい40代だからこそ、タンパク質は若い時よりも、多めに摂取する必要があります。

スポンサードリンク


ストレスが原因で太りやすくなってくる。

22f077bcc3e1f81304d36441484866c1_s

子育て、人間関係、仕事、金銭関係、両親の介護、金銭関係など。

40代を迎えるころになると、色々と頭を悩ます問題が増えてくると思います。

そうなるとストレスを抱えやすくなり、結果、太りやすくなってしまいます。

人間の身体はストレスを感じると、コルチゾールというホルモンが分泌されます。

このコルチゾールは交感神経を活発化させてしまい、肌荒れを招いたり、ホルモンバランスを乱したりしてしまうんです。

更に身体の筋肉を減少させてしまうのです。ですので、慢性的なストレスに晒されている状況が続くと身体に悪影響を及ぼすばかりか、太りやすくなってしまいます。

コルチゾールを分泌させない為に、抱えるストレスの対処をすることが肝心ですが、そう簡単に上手く対処できるケースは少ないですよね。

そういう時は、甘いものを摂取するとコルチゾールの分泌を抑制できると言われています。

甘いものを食べる事でインシュリンが分泌されるのですが、このインシュリンが分泌される事で、コルチゾールを抑制できるとされているのです。

太りやすくなるからといって、安易に甘いもの。つまり、炭水化物などを簡単に敬遠しない方がいいです。

40代になっても太りにくい体質を維持するには?

なるべくなら、40代になっても太りにくい身体を維持したいと思いますよね。

ただホルモンバランスの乱れやすくなったり、ストレスを受けやすくなる影響もあり、若い時よりも太りやすくなってしまう状況は仕方がないと思います。

ですので、できる限り、体脂肪が付きにくく太りにくい体質を維持する為には、筋肉量の低下を抑える為に運動を適度に行い、タンパク質の摂取を多くする様にしましょう。

とにかく、筋肉量を維持する事が40代になっても太りにくい身体を維持する為の最善な方法になります。

色々と面倒くさい事が増えてくると思いますが、努力していきましょう。

-体脂肪

執筆者: